Main Content

Simulink.ScenarioSimulation

シナリオ シミュレーションの作成、アクセス、および制御

    説明

    Simulink.ScenarioSimulation オブジェクトは、MATLAB® における RoadRunner Scenario のシミュレーションの表現です。Simulink.ScenarioSimulation オブジェクトを使用して、次のアクションを実行します。

    • シミュレーションの制御: 開始、一時停止、再開、停止、シミュレーションを 1 ステップ進める。

    • シミュレーションの実行時パラメーターのアクセスおよび変更。

    • シミュレーション中のカスタム診断メッセージのレポート。

    作成

    Simulink.ScenarioSimulation オブジェクトは、関数 createSimulation を使用して作成できます。

    オブジェクト関数

    addObserverAdd observer to scenario simulation
    getGet value of scenario simulation parameter
    removeObserverRemove observer from scenario simulation
    reportDiagnostic Report information, warning or error message during scenario simulation
    setSet value of scenario simulation parameter
    Simulink.ScenarioSimulation.findReturn scenario simulations or actors in current MATLAB session

    シミュレーションの作成

    RoadRunner Scenario オブジェクトを作成して、シナリオ ファイルを開きます。

    rrApp = roadrunner('C:\Project\TestRoute');
    openScenario(rrApp,'TrajectoryCutIn');

    対応する Simulink.ScenarioSimulation オブジェクトを作成して、シミュレーションを開始します。

    scenario = createSimulation(rrApp);
    set(scenario, 'SimulationCommand', 'Start'); 
    

    バージョン履歴

    R2022a で導入