ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parallel.cluster.Hadoop

Hadoop クラスター オブジェクトの作成

構文

hadoopCluster = parallel.cluster.Hadoop
hadoopCluster = parallel.cluster.Hadoop(Name,Value)

説明

hadoopCluster = parallel.cluster.Hadoop は、Hadoop® クラスターを表す parallel.cluster.Hadoop オブジェクトを作成します。

結果として得られるオブジェクトを関数 mapreduce および関数 mapreducer への入力として使用し、Hadoop クラスターを tall 配列および mapreduce の並列実行環境として指定します。

hadoopCluster = parallel.cluster.Hadoop(Name,Value) は指定された名前と値を使用して、作成された parallel.cluster.Hadoop オブジェクトのプロパティを設定します。

すべて折りたたむ

この例では、parallel.cluster.Hadoop オブジェクトを作成して使用し、Hadoop クラスターを mapreduce の並列実行環境として設定する方法を示します。

hadoopCluster = parallel.cluster.Hadoop('HadoopInstallFolder','/host/hadoop-install');
mr = mapreducer(hadoopCluster);

この例では、parallel.cluster.Hadoop オブジェクトを作成し、それを使用して Hadoop クラスターを tall 配列の並列実行環境として設定する方法を説明します。

hadoopCluster = parallel.cluster.Hadoop(...
    'HadoopInstallFolder','/host/hadoop-install', ...
    'SparkInstallFolder','/host/spark-install');
mr = mapreducer(hadoopCluster);

入力引数

すべて折りたたむ

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペア引数を任意の順番で指定できます。

例: 'HadoopInstallFolder','/share/hadoop/a1.2.1'

ワーカーが使用する MATLAB へのパス。'ClusterMatlabRoot' と文字ベクトルからなるコンマ区切りのペアとして指定します。これは、各マシンに対してローカルなものかネットワーク共有されたものかにかかわらず、ワーカーが使用する MATLAB Distributed Computing Server™ のインストールを指します。

Hadoop のアプリケーション構成ファイルへのパス。'HadoopConfigurationFile' と文字ベクトルからなるコンマ区切りのペアとして指定します。

ワーカー マシン上の Hadoop インストールへのパス。'HadoopInstallFolder' と文字ベクトルからなるコンマ区切りのペアとして指定します。このプロパティが設定されていない場合、既定となるのは環境変数 HADOOP_PREFIX で指定された値ですが、それが設定されていないときには HADOOP_HOME の値になります。

ワーカー マシン上の Spark 対応 Hadoop インストールへのパス。'SparkInstallFolder' と文字ベクトルからなるコンマ区切りのペアとして指定します。このプロパティが設定されていない場合、既定値は環境変数 SPARK_PREFIX で指定された値ですが、それが設定されていない場合は SPARK_HOME になります。

出力引数

すべて折りたたむ

Hadoop クラスター。parallel.cluster.Hadoop オブジェクトとして返されます。

R2014b で導入