ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

disconnectLayers

層グラフの層の切り離し

構文

newlgraph = disconnectLayers(lgraph,s,d)

説明

newlgraph = disconnectLayers(lgraph,s,d) は、結合元の層 s を層グラフ lgraph に含まれる結合先の層 d から切り離します。新しい層グラフ newlgraph には lgraph と同じ層が含まれますが、sd の結合は除外されます。

すべて折りたたむ

層の配列から層グラフを作成します。

layers = [
    imageInputLayer([28 28 1],'Name','input')  
    convolution2dLayer(3,16,'Padding','same','Name','conv_1')
    batchNormalizationLayer('Name','BN_1')
    reluLayer('Name','relu_1')];

lgraph = layerGraph(layers);
figure
plot(lgraph)

'conv_1' 層を 'BN_1' 層から切り離します。

lgraph = disconnectLayers(lgraph,'conv_1','BN_1');
figure
plot(lgraph)

入力引数

すべて折りたたむ

層グラフ。LayerGraph オブジェクトとして指定します。層グラフを作成するには、layerGraph を使用します。

結合元。文字ベクトルとして指定します。

  • 結合元の層に 1 つの出力がある場合、s は層の名前です。

  • 結合元の層に複数の出力がある場合、s は層の名前で、その後に文字 /、さらに層出力の名前が続きます ('layerName/outputName')。

例: 'conv1'

例: 'mpool/indices'

結合先。文字ベクトルとして指定します。

  • 結合先の層に 1 つの入力がある場合、d は層の名前です。

  • 結合先の層に複数の入力がある場合、d は層の名前で、その後に文字 /、さらに層入力の名前が続きます ('layerName/inputName')。

例: 'fc'

例: 'addlayer1/in2'

出力引数

すべて折りたたむ

出力層グラフ。LayerGraph オブジェクトとして返されます。

R2017b で導入