ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

謝辞

以下の方々に感謝の意を表します。

MathWorks の Joe Hicklin 氏に対し、アイダホ大学で数年前に行われたニューラル ネットワークの研究に Howard を派遣したこと、Howard と Mark にツールボックスの作成を勧めたこと、ツールボックスの Version 1.0 を世に出す上で非常に重要な援助を行ったこと、ツールボックスについて多くの面で引き続き支援していること、そして良き友人であること。

MathWorks の Roy Lurie 氏に対し、たゆまぬ熱意に。

MathWorks の Mary Ann Freeman 氏に対し、全般的なサポートを提供したこと、気持ちよく協力し合うことのできるすばらしいチームのリーダーを務めたこと。

MathWorks の Rakesh Kumar 氏に対し、技術と実践の両面で支援、激励、助言をくれたこと、そして私たちのために常に尽力したこと。

MathWorks の Alan LaFleur 氏に対し、私たちのドキュメンテーション作成を手助けしたこと。

MathWorks の Stephen Vanreusel 氏に対し、テストを手伝ってくれたこと。

MathWorks の Dan Doherty 氏に対し、マーケティングに関する支援と助言をくれたこと。

オクラホマ州立大学の Orlando De Jesús 氏に対し、時系列および動的システムに記載されている動的学習アルゴリズムの開発およびプログラミング、さらにニューラル ネットワーク制御システムに記載されているニューラル ネットワーク コントローラーのプログラミングにおけるすばらしい成果について。

Martin T. Hagan 氏Howard B. Demuth 氏、および Mark Hudson Beale 氏に対し、『Neural Network Design』(1996 年 1 月) のさまざまな問題、サンプル、およびその他の題材の使用を許可してくれたこと。