Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

内挿近似の選択

内挿近似の対話的な選択

曲線近似アプリで、モデル タイプ リストから [内挿] を選択します。

[内挿] 近似カテゴリは、すべてのデータ点を通過する内挿曲線または内挿曲面で近似します。曲面の場合、内挿近似タイプは線形法および最近傍法では MATLAB® の関数 scatteredInterpolant、3 次法および重調和法では MATLAB の関数 griddata、薄板スプライン内挿では関数 tpaps を使用します。

設定を次に示します。

[メソッド] の設定に次を指定することができます。[最近傍][線形][3 次][形状維持 (PCHIP)] (曲線の場合)、[重調和 (v4)] (曲面の場合) または [薄板スプライン] (曲面の場合)。詳細は、内挿法についてを参照してください。

ヒント

曲面による近似で入力変数間のスケールが異なる場合は、[データのセンタリングとスケーリング] チェック ボックスがオンの場合とオフの場合とで曲面近似の違いを確認してください。入力の正規化は、三角形ベース (つまり、区分的な Linear および Cubic 内挿) および Nearest neighbor 曲面内挿法の結果に大きく影響する場合があります。

曲面の場合、滑らかな曲面の内挿と適切な外挿特性の両方が必要なときは薄板スプラインを試してください。

関数 fit を使用した線形内挿モデルによる近似

この例では、関数 fit を使用して線形内挿モデルによりデータを近似する方法を示します。

内挿近似法

内挿モデルの名前に示すいずれかのオプションを使用して関数 fit を呼び出すことにより、内挿モデル法を指定します。どの内挿法についても、追加の近似オプション パラメーターはありません。

線形内挿モデルによる近似

データを読み込み、'linearinterp' オプションを使用して、線形内挿モデルを当てはめます。

load census
f = fit(cdate,pop,'linearinterp');
plot(f,cdate,pop);

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type line. These objects represent data, fitted curve.

線形内挿モデルの比較

データを読み込み、'nearestinterp' および 'pchip' オプションを使用して、最近傍と pchip 内挿の両方による近似を作成します。

load carbon12alpha
f1 = fit(angle,counts,'nearestinterp');
f2 = fit(angle,counts,'pchip');

プロット上で近似曲線 f1f2 を比較します。

p1 = plot(f1,angle,counts);
xlim([min(angle),max(angle)])
hold on

p2 = plot(f2,'b');
hold off
legend([p1;p2],'Counts per Angle','Nearest Neighbor','pchip',...
    'Location','northwest')

Figure contains an axes. The axes contains 3 objects of type line. These objects represent Counts per Angle, Nearest Neighbor, pchip.

または 'cubicinterp' や 'pchipinterp' の代わりに他のスプライン関数を使用して、作成できる内容をより細かく制御することができます。詳細は、Curve Fitting Toolbox のスプラインについてを参照してください。

参考

関連するトピック