Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB コードの生成と近似のエクスポート

対話型のコード生成とプログラムによる近似

曲線近似アプリを使用すると、コマンド ラインで近似を簡単にプロットおよび解析できます。個々の近似をさらに解析するためにワークスペースにエクスポートできます。または、MATLAB® コードを生成し、セッションにあるすべての近似とプロットを再作成できます。コードの生成により、対話型の曲線近似セッションを使用して、曲線および曲面の近似とプロットのコードから有用なプログラムを迅速に組み立てることができます。

  1. [ファイル][コード生成] を選択します。

    曲線近似アプリはセッションからコードを生成し、MATLAB エディターにファイルを表示します。このファイルには現在のセッションにあるすべての近似とプロットが含まれます。このファイルは以下の情報を取得します。

    • 近似の名前およびその変数

    • 近似設定およびオプション

    • プロット

    • 近似を作成するために使用した曲線近似または曲面近似のオブジェクトおよびメソッド:

      • 近似を表す cfit または sfit オブジェクトの cell 配列

      • 近似適合性情報をもつ構造体配列

  2. ファイルを保存します。

生成したコードの使用、ワークスペースへの近似のエクスポート、コマンド ラインでの近似とプロットの再作成の詳細については、以下を参照してください。