ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

曲線近似

曲線や曲面でデータを近似する

説明

曲線近似アプリには柔軟性の高いインターフェイスが用意されており、対話的に曲線や曲面でデータを近似してプロットを表示することができます。

次の操作を行うことができます。

  • 複数の近似の作成、プロットおよび比較。

  • 線形回帰または非線形回帰、内挿、平滑化およびカスタム式の使用。

  • 適合度の統計量の表示、信頼区間および残差の表示、外れ値の削除、検証データによる近似の評価。

  • コードの自動生成による曲線や曲面での近似およびプロット、またはさらなる解析のためのワークスペースへの近似のエクスポート。

曲線近似 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブの [数学、統計および最適化] でアプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: cftool と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

cftool は曲線近似アプリを開きます。既に開いている場合はアプリにフォーカスを移動します。

cftool( x, y )x 入力と y 出力の曲線近似を作成します。xy は数値で、2 つ以上の要素を含み、要素数が同じでなければなりません。cftool は必要に応じて曲線近似アプリを開きます。

cftool( x, y, z )x および y 入力と z 出力の曲面近似を作成します。xyz は数値で、2 つ以上の要素を含み、サイズに互換性がなければなりません。サイズに互換性があるのは、xyz がすべて同じ数の要素を含んでいるか、xy がベクトルで z が 2 次元行列であり、length(x ) = n および length(y) = m[m,n] = size(z) である場合です。cftool は必要に応じて曲線近似アプリを開きます。

cftool( x, y, [], w ) は重み w を使用して曲線近似を作成します。w は数値で、x および y と同じ数の要素を含んでいなければなりません。

cftool( x, y, z, w ) は重み w を使用して曲面近似を作成します。w は数値で、z と同じ数の要素を含んでいなければなりません。

cftool( filename )filename の曲線近似セッションを曲線近似アプリに読み込みます。filename は拡張子が .sfit でなければなりません。

参考

関数

R2006a より前に導入