最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ssdata

状態空間モデル データにアクセスする

構文

[a,b,c,d] = ssdata(sys)
[a,b,c,d,Ts] = ssdata(sys)

説明

[a,b,c,d] = ssdata(sys) は、状態空間モデル (LTI 配列) sys から行列 (または多次元配列) データ ABCD を抽出します。sys が、伝達関数または零点-極-ゲイン モデル (LTI 配列) である場合、最初に状態空間に変換されます。状態空間モデルのデータ形式の詳細は、ss を参照してください。

sys が記述子表現 (空でない行列 E) で現れる場合、等価で明示的な形式が最初に派生します。

sys に内部遅延がある場合、最初に内部遅延をすべてゼロに設定すること (0 次のパデ近似の作成) によって、ABCD が得られます。システムによっては、遅延をゼロに設定すると、特異値の代数ループが作成されることがあります。そのため、ゼロ遅延の近似が正しく行われないか、間違って定義されることになります。このようなシステムでは、ssdata で行列を表示することはできず、エラーが返されます。このエラーが表示されても、モデル sys 自体に問題があることにはなりません。

一般化状態空間 (genss) モデルの場合、ssdata は、すべての制御設計ブロックの現在のノミナル値で評価された状態空間モデルを返します。静的な制御設計ブロックの genss モデルの依存関係にアクセスするには、モデルの ABC、および D プロパティを使用します。

[a,b,c,d,Ts] = ssdata(sys) はサンプル時間 Ts も返します。

sys の残りの LTI プロパティには、get または直接参照でアクセスすることができます。以下に例を示します。

sys.statename

状態の数が可変である状態空間モデルの配列では、次の構文を使用します。

[a,b,c,d] = ssdata(sys,'cell')

を使用すると、各モデルの状態空間行列を cell 配列 abc、および d の別々のセルとして抽出できます。

R2006a より前に導入