Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

spy

sparss モデル オブジェクトのスパース パターンを可視化する

    説明

    spy(sys) は、sparss モデル sys のスパース パターンをプロットします。プロットには、sys の各スパース行列に含まれる非ゼロ要素の数が表示されます。プロットを右クリックして、表示する行列を選択します。

    spy(AX,sys) は、ハンドル AX をもつ現在の Figure の Axes または UIAxes オブジェクトにスパース パターンをプロットします。App Designer で spy を使用してアプリを作成する場合にこの構文を使用します。

    すべて折りたたむ

    この例では、連続時間スパース 1 次状態空間モデルのスパース行列を含む sparseFOContinuous.mat について考えます。

    sparseFOContinuous.mat からスパース行列を抽出します。

    load('sparseFOContinuous.mat','A','B','C','D','E');

    sparss モデル オブジェクトを作成します。

    sys = sparss(A,B,C,D,E)
    Sparse continuous-time state-space model with 1 outputs, 1 inputs, and 199 states.
    
    Use "spy" and "showStateInfo" to inspect model structure. 
    Type "properties('sparss')" for a list of model properties. 
    Type "help sparssOptions" for available solver options for this model.
    

    出力 sys は、199 の状態、1 つの入力、および 1 つの出力を含む連続時間 sparss モデル オブジェクトです。

    spyコマンドを使用して、sparss モデル オブジェクトのスパース性を可視化できます。

    spy(sys)

    Figure contains an axes. The axes with title nnz: A=239, E=239, B=20, C=19, D=1. contains 7 objects of type line. These objects represent A, B, C, D.

    この例では、離散時間スパース 1 次状態空間モデルのスパース行列を含む sparseFODiscrete.mat について考えます。

    sparseFODiscrete.mat からスパース行列を抽出します。

    load('sparseFODiscrete.mat','A','B','C','D','E','ts');

    sparss モデル オブジェクトを作成します。

    sys = sparss(A,B,C,D,E,ts)
    Sparse discrete-time state-space model with 1 outputs, 1 inputs, and 398 states.
    
    Use "spy" and "showStateInfo" to inspect model structure. 
    Type "properties('sparss')" for a list of model properties. 
    Type "help sparssOptions" for available solver options for this model.
    

    出力 sys は、398 の状態、1 つの入力と 1 つの出力を含む離散時間 sparss モデル オブジェクトです。

    spyコマンドを使用して、sparss モデル オブジェクトのスパース性を可視化できます。

    spy(sys)

    Figure contains an axes. The axes with title nnz: A=518, E=837, B=56, C=18, D=1. contains 7 objects of type line. These objects represent A, B, C, D.

    sparss モデル オブジェクトのモデル プロパティを表示することもできます。

    properties('sparss')
    Properties for class sparss:
    
        A
        B
        C
        D
        E
        Scaled
        StateInfo
        SolverOptions
        InternalDelay
        InputDelay
        OutputDelay
        Ts
        TimeUnit
        InputName
        InputUnit
        InputGroup
        OutputName
        OutputUnit
        OutputGroup
        Notes
        UserData
        Name
        SamplingGrid
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    1 次スパース モデル。sparss モデル オブジェクトとして指定します。相互作用または相互接続するコンポーネントがスパース モデル sys に含まれる場合は、spy(xsort(sys)) を使用して基になっているブロック矢印構造を表示します。ブロック矢印構造の詳細については、xsort 参照してください。

    オブジェクト ハンドル。Axes オブジェクトまたは UIAxes オブジェクトとして指定します。App Designer で spy を使用してアプリを作成するために AX を使用します。

    R2020b で導入