最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

set

モデル プロパティの設定または変更

構文

set(sys,'Property',Value)
set(sys,'Property1',Value1,'Property2',Value2,...)
sysnew = set(___)
set(sys,'Property')

説明

set はプロパティ名とプロパティ値のペアを使用して動的システム モデルのプロパティを設定または変更するために使用されます。

set(sys,'Property',Value) は、Value をモデル sys のプロパティに割り当てます。'Property'プロパティの完全な名前 (例 'UserData') または大文字、小文字を区別しない明白な省略形 (例 'user') のすべてを使用することができます。指定プロパティは、モデル タイプと互換性がなければなりません。たとえば、sys が伝達関数である場合、Variable は有効なプロパティですが StateName は違います。線形モデル タイプの利用可能なシステム プロパティの完全なリストについては、そのモデル タイプのリファレンス ページを参照してください。この構文は、sys.Property = Value と等価です。

set(sys,'Property1',Value1,'Property2',Value2,...) は、複数のプロパティ値を 1 つのステートメントで設定します。各プロパティ名とプロパティ値の組み合わせは、1 つの特定のプロパティを更新します。

sysnew = set(___) は変更された動的システム モデルを返し、上記の任意の構文で使用できます。

set(sys,'Property') は、'Property' で指定されたプロパティのヘルプを表示します。

すべて折りたたむ

それぞれが 1、2、3、4 に等しい行列 ABCD をもつ SISO 状態空間モデルを作成します。

sys = ss(1,2,3,4);

モデルのプロパティを変更します。0.1 秒の入力遅延を追加し、入力に torque のラベルを付け、行列 D を 0 に設定します。

set(sys,'InputDelay',0.1,'InputName','torque','D',0);

モデルのプロパティを表示して変更を確認します。

get(sys)
                A: 1
                B: 2
                C: 3
                D: 0
                E: []
           Scaled: 0
        StateName: {''}
        StateUnit: {''}
    InternalDelay: [0x1 double]
       InputDelay: 0.1000
      OutputDelay: 0
               Ts: 0
         TimeUnit: 'seconds'
        InputName: {'torque'}
        InputUnit: {''}
       InputGroup: [1x1 struct]
       OutputName: {''}
       OutputUnit: {''}
      OutputGroup: [1x1 struct]
            Notes: [0x1 string]
         UserData: []
             Name: ''
     SamplingGrid: [1x1 struct]

ヒント

離散時間伝達関数の場合、分子と分母を表現するために使用される表記は、変数の選択に応じて決まります (詳細は「tf」を参照)。tf と同様に、set の構文は、変数の選択に応じて整合性を維持するために変化します。たとえば、Variable プロパティは、'z' (既定値) に設定されて、

set(h,'num',[1 2],'den',[1 3 4])

伝達関数を生成します。

h(z)=z+2z2+3z+4

ただし、次を使用して Variable'z^-1' に変更すると

set(h,'Variable','z^-1'),

次の同じコマンド

set(h,'num',[1 2],'den',[1 3 4])

が今度は、行ベクトル [1 2][1 3 4] を多項式 1 + 2z−1 および 1 + 3z−1 + 4z−2 と解釈し、以下を生成します。

h¯(z1)=1+2z11+3z1+4z2=zh(z)

メモ:

結果として得られる伝達関数は異なるので、変数の選択に一致する表記を使用してください。

R2006a より前に導入