Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

repsys

モデルの複製とタイル

構文

rsys = repsys(sys,[M N])
rsys = repsys(sys,N)
rsys = repsys(sys,[M N S1,...,Sk])

説明

rsys = repsys(sys,[M N]) は、モデル sysMN 列のタイル配置に複製します。結果として得られるモデル rsys には、size(sys,1)*M 出力と size(sys,2)*N 入力があります。

rsys = repsys(sys,N) は N 行 N 列のタイル配置を作成します。

rsys = repsys(sys,[M N S1,...,Sk]) は、両方の I/O と配列次元に沿った sys を複製、配置して、モデル配列を作成します。指数 S は配列次元を指定します。配列のサイズは、[size(sys,1)*M, size(sys,2)*N, size(sys,3)*S1, ...] になります。

入力引数

sys

複製するモデル。

M

出力次元に沿った sys の複製の数。

N

入力次元に沿った sys の複製の数。

S

配列次元に沿った sys の複製の数。

出力引数

rsys

size(sys,1)*M 出力をもつモデルおよび size(sys,2)*N 入力。

配列次元 S1,...,Sk を指定した場合、rsys は、それぞれが size(sys,1)*M 出力と size(sys,2)*N 入力をもつ動的システムの配列です。rsys のサイズは [size(sys,1)*M, size(sys,2)*N, size(sys,3)*S1, ...] です。

すべて折りたたむ

単入力単出力 (SISO) の伝達関数を作成します。

sys = tf(2,[1 3])
sys =
 
    2
  -----
  s + 3
 
Continuous-time transfer function.

SISO 伝達関数を複製して、3 つの入力と 2 つの出力をもつ MIMO 伝達関数を作成します。

rsys = repsys(sys,[2 3])
rsys =
 
  From input 1 to output...
         2
   1:  -----
       s + 3
 
         2
   2:  -----
       s + 3
 
  From input 2 to output...
         2
   1:  -----
       s + 3
 
         2
   2:  -----
       s + 3
 
  From input 3 to output...
         2
   1:  -----
       s + 3
 
         2
   2:  -----
       s + 3
 
Continuous-time transfer function.

あるいは、以下の方法でも MIMO 伝達関数を取得できます。

rsys = [sys sys sys; sys sys sys];

SISO 伝達関数を作成します。

sys = tf(2,[1 3]);

SISO 伝達関数を、2 つの入力と 1 つの出力をもつ伝達関数の 3 行 4 列の配列に複製します。

rsys = repsys(sys,[1 2 3 4]);

rsys のサイズをチェックします。

size(rsys)
3x4 array of transfer functions.
Each model has 1 outputs and 2 inputs.

ヒント

rsys = repsys(sys,N) は、rsys = repsys(sys,[N N]) と同じ結果になります。対角タイル配置を作成するには、rsys = sys*eye(N) を使用します。

参考

R2010b で導入