Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

permute

モデル配列における配列の次元の再配列

説明

newarray = permute(sysarray,order) は、次元が特定の次数となるように、モデル配列の配列次元を再配列します。モデル配列の入力と出力の次元は、この操作では配列の次元とは見なされません。

すべて折りたたむ

1 x 2 x 3 配列の状態空間モデルを作成します。

sysarr = rss(2,2,2,1,2,3);

次元が 3 x 2 x 1 になるようにモデル配列を再配列します。

newarr = permute(sysarr,[3 2 1]);
size(newarr)
3x2 array of state-space models.
Each model has 2 outputs, 2 inputs, and 2 states.

モデル配列の入力および出力の次元は変更されません。

入力引数

すべて折りたたむ

数値 LTI モデル、一般化モデルまたは同定された LTI モデルなど、入出力モデルの配列として指定された再配列対象のモデル配列

正の整数のベクトルとして指定された、再配列されたモデル配列の次元。たとえば、モデル配列を 3 行 2 列の配列に再配列する場合、order[3 2] となります。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

order で指定された新しい次元をもつ入出力モデルの配列として返された、再配列されたモデル配列。

参考

| |

R2013a で導入