最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nichols

周波数応答のニコルス線図

構文

nichols(sys)
nichols(sys,w)
nichols(sys1,sys2,...,sysN)
nichols(sys1,sys2,...,sysN,w)
nichols(sys1,'PlotStyle1',...,sysN,'PlotStyleN')
[mag,phase,w] = nichols(sys)
[mag,phase] = nichols(sys,w)

説明

nichols は周波数応答のニコルス線図を作成します。ニコルス線図はシステム応答の位相 (度単位) に対してプロットされる振幅 (dB) を表示します。ニコルス線図は SISO システムの開ループと閉ループの特性を解析する際に便利ですが、MIMO 制御ループに関する考察はほとんど得られません。ニコルス線図を既存の SISO ニコルス線図に重ねる場合は、ngrid を使用します。

nichols(sys)動的システム sys のニコルス線図を作成します。このモデルは、連続または離散、SISO または MIMO のいずれでも可能です。MIMO の場合、nichols はニコルス線図の配列を作成します。各プロットは 1 つの特定の I/O チャネルの応答を示します。周波数範囲とグリッド化は、システムの極および零点に基づいて自動的に決定されます。

nichols(sys,w) は、線図に使われる周波数範囲または周波数点を指定します。ある特定の周波数間隔 [wmin,wmax] に焦点を当てるには、w = {wmin,wmax} と設定してください。ある特定の周波数点を使用するためには、w を適切な周波数のベクトルに設定してください。対数間隔の周波数ベクトルを作成するためには、logspace を使用してください。周波数は rad/TimeUnit 単位でなければなりません。このとき、TimeUnitsysTimeUnit プロパティで指定される、入力動的システムの時間単位です。

nichols(sys1,sys2,...,sysN) または nichols(sys1,sys2,...,sysN,w) は複数のモデルのニコルス線図を 1 つの図に重ねます。すべてのシステムで同数の入力と出力を使用しなければなりませんが、連続時間システムと離散時間システムは組み合わせても構いません。構文 nichols(sys1,'PlotStyle1',...,sysN,'PlotStyleN') を使用して、システム プロットごとに独特の色、ラインスタイル、マーカーを指定することもできます。

例は、「bode」を参照してください。

[mag,phase,w] = nichols(sys) または [mag,phase] = nichols(sys,w) は、w の周波数 (rad/TimeUnit 単位) における周波数応答のゲインと位相 (度単位) を返します。出力 mag および phase は、bode で作成される配列と同様の 3 次元配列です (bode リファレンス ページを参照)。次の次元があります。

(出力数) x (入力数) x (w の長さ)

すべて折りたたむ

次のシステムのニコルス グリッド線付きのニコルス応答をプロットします。

H(s)=-4s4+48s3-18s2+250s+600s4+30s3+282s2+525s+60.

H = tf([-4 48 -18 250 600],[1 30 282 525 60]);
nichols(H)
ngrid

ニコルス線図の右クリック メニューには、"ズーム""タイト" オプションがあります。これを使用して、ニコルス線図の制約されていない分岐を切り取ることができます。

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、プロットをカスタマイズする方法を参照してください。

アルゴリズム

bodeを参照してください。

R2006a より前に導入