Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sigmaplot

周波数応答の特異値をプロットし、プロット ハンドルを返す

構文

h = sigmaplot(sys)
sigmaplot(sys,{wmin,wmax})
sigmaplot(sys,w)
sigmaplot(sys,w,TYPE)
sigmaplot(AX,...)
sigmaplot(..., plotoptions)

説明

h = sigmaplot(sys)動的システム sys の周波数応答の特異値 (SV) プロットを生成します。また、プロット ハンドル h を返します。getoptionssetoptions コマンドを使ってプロットをカスタマイズするためにこのハンドルを使用することができます。次のように入力すると

help sigmaoptions 

使用できるプロット オプションの一覧が得られます。

周波数範囲と点数は自動的に選択されます。離散時間における周波数の記述に関する詳細は、「bode」を参照してください。

sigmaplot(sys,{wmin,wmax})wmin から wmax までの範囲の周波数 (rad/TimeUnitTimeUnitsysTimeUnit プロパティで指定される、入力動的システムの時間単位) の SV プロットを描画します。

sigmaplot(sys,w) は、ユーザーがrad/TimeUnitで指定した周波数のベクトル w を使用します。この周波数で周波数応答が評価されることになります。対数間隔の周波数ベクトルを作成するためには、logspace を参照してください。

sigmaplot(sys,w,TYPE) または sigmaplot(sys,[],TYPE) は、TYPE の値に応じて次のように変更された SV プロットを描画します。

TYPE = 1 -->inv(SYS) の SV
TYPE = 2 -->I + SYS の SV
TYPE = 3-->I + inv(SYS) の SV

この構文を使用するときには、sys は正方システムである必要があります。

sigmaplot(AX,...) は、ハンドル AX をもつ座標軸内にプロットします。

sigmaplot(..., plotoptions) は、plotoptions で指定されたオプションを使って特異値をプロットします。次のように入力すると

help sigmaoptions 

詳細が得られます。

すべて折りたたむ

動的システムの特異値応答をプロットします。

sys = rss(3,3,5);
h = sigmaplot(sys);

Figure contains an axes. The axes contains 3 objects of type line. This object represents sys.

プロット ハンドル h のプロパティを設定して、プロットをカスタマイズします。たとえば、プロットの単位を Hz に変更します。

setoptions(h,'FreqUnits','Hz');

Figure contains an axes. The axes contains 3 objects of type line. This object represents sys.

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細については、プロットをカスタマイズする方法を参照してください。

R2006a より前に導入