最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

interp

FRD モデルの内挿

構文

isys = interp(sys,freqs)

説明

isys = interp(sys,freqs) は、FRD モデル sys に含まれる周波数応答データを周波数 freqs での応答に内挿します。interp は MATLAB® 関数 interp のオーバーロードされたバージョンで、線形内挿を使用して、新しい周波数 freqs の内挿データが含まれる FRD モデル isys を返します。sys が IDFRD モデル (System Identification Toolbox™ ソフトウェアが必要) の場合、空でなければノイズ スペクトルも内挿されます。応答データとノイズ共分散データも、あれば内挿されます。

周波数値 freqssys.frequency と同じ単位で表す必要があります。周波数値は sys の最小周波数点と最大周波数点の間に存在しなければなりません (外挿はサポートされていません)。

参考

|

R2006a より前に導入