最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getLFTModel

一般化 LTI モデルの分解

構文

[H,B,S] = getLFTModel(M)

説明

[H,B,S] = getLFTModel(M) は、一般化行列または一般化 LTI モデル M を形成しているコンポーネント HB、および S を抽出します。モデル M を、HB、および S に分解します。これらのコンポーネントは次の図に示すように M に関連します。

cell 配列 BM制御設計ブロックを含んでいます。コンポーネント H は、M の固定部分と B のブロック間の相互接続を説明している数値行列、ss モデル、または frd です。行列 S = blkdiag(S1,...,Sk) には、M の現在の (ノミナル) 値が有限であるときに相互接続を確実に定義する数値のオフセットを含んでいます。

次のように、lft を使って HB、およびSM に再結合できます。

M = lft(H,blkdiag(B{:})-S);

入力引数

M

一般化 LTI モデル (genss または genfrd) または一般化行列 (genmat)。

出力引数

H

M の数値部分を説明し、数値部分が M の制御設計ブロックにどのように接続されるのかを説明する行列、ss モデル、または frd

B

M の制御設計ブロックの cell 配列 (realptunableSS など)。

S

オフセット値の行列。M の現在の (ノミナル) 値が有限であり、H が有限であることを確実にする一般化モデルを作成するときに、ソフトウェアがオフセットを導入する可能性があります。

ヒント

  • getLFTModel では、一般化 LTI モデルと一般化行列の内部表現にアクセスできます。この表現の詳細は、一般化モデルの内部構造を参照してください。

R2011a で導入