最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

get

モデル プロパティ値にアクセスする

構文

Value = get(sys,'PropertyName')
Struct = get(sys)

説明

Value = get(sys,'PropertyName') は、モデル オブジェクト sys のプロパティ PropertyName の現在値を返します。'PropertyName' は完全なプロパティ名 ('UserData' など) または大文字、小文字を区別しない任意の明白な省略形 ('user' など) にすることができます。そのモデルで利用可能なプロパティのリストについては、個別のモデル オブジェクト タイプのリファレンス ページを参照してください。

Struct = get(sys) は TF、SS、ZPK オブジェクト sys を、フィールド名にプロパティ名、フィールドの値にプロパティ値をもつ標準的な MATLAB® の構造体に変換します。

左辺引数がない場合、

get(sys)

には sys のすべてのプロパティおよびその値が表示されます。

すべて折りたたむ

次の離散時間 SISO 伝達関数モデルを作成します。

H(z)=1z+2

サンプル時間を 0.1 秒に指定し、入力チャネル名を Voltage に指定します。

h = tf(1,[1 2],0.1,'InputName','Voltage')
h =
 
  From input "Voltage" to output:
    1
  -----
  z + 2
 
Sample time: 0.1 seconds
Discrete-time transfer function.

伝達関数のすべてのプロパティを表示します。

get(h)
       Numerator: {[0 1]}
     Denominator: {[1 2]}
        Variable: 'z'
         IODelay: 0
      InputDelay: 0
     OutputDelay: 0
              Ts: 0.1000
        TimeUnit: 'seconds'
       InputName: {'Voltage'}
       InputUnit: {''}
      InputGroup: [1x1 struct]
      OutputName: {''}
      OutputUnit: {''}
     OutputGroup: [1x1 struct]
           Notes: [0x1 string]
        UserData: []
            Name: ''
    SamplingGrid: [1x1 struct]

伝達関数のすべての分子を表示します。

num = get(h,'Numerator')
num = 1x1 cell array
    {1x2 double}

分子データは cell 配列として格納されるため、Numerator プロパティは行ベクトル [0 1] を含む cell 配列です。

num{1}
ans = 1×2

     0     1

伝達関数のサンプル時間 Ts を表示します。

get(h,'Ts')
ans = 0.1000

あるいは、ドット表記を使用してプロパティ値にアクセスします。

h.Ts
ans = 0.1000

ヒント

構文

Value = get(sys,'PropertyName')

を使用する代わりに、次の構造体に似た参照を使用できます。

Value = sys.PropertyName

たとえば、

sys.Ts
sys.A
sys.user

はサンプル時間、行列 A、および (状態空間) モデル sysUserData プロパティを返します。

R2006a より前に導入