Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

frdfun

frd モデル オブジェクトの各周波数での周波数応答値への関数の適用

説明

fsys = frdfun(fun,sys) は関数 funsys の各周波数での周波数応答値に適用して、結果を fsys に収集します。

すべて折りたたむ

この例では、周波数のグリッドの伝達関数の応答を計算して、周波数応答データ モデルを作成します。この例では、一連の 10 の周波数を仮定します。

H = tf([-1.2,-2.4,-1.5],[1,20,9.1]);
w = logspace(-2,3,10);
sys = frd(H,w)
sys =
 
    Frequency(rad/s)          Response      
    ----------------          --------      
           0.0100       -0.1648 + 9.847e-04i
           0.0359       -0.1644 + 3.508e-03i
           0.1292       -0.1597 + 1.130e-02i
           0.4642       -0.1294 + 9.857e-03i
           1.6681       -0.1058 - 7.515e-02i
           5.9948       -0.1883 - 3.050e-01i
          21.5443       -0.7004 - 5.495e-01i
          77.4264       -1.1337 - 2.623e-01i
         278.2559       -1.1946 - 7.725e-02i
        1000.0000       -1.1996 - 2.159e-02i
 
Continuous-time frequency response.

sys は、10 の周波数での周波数応答が含まれる SISO 周波数応答データ (frd) モデルです。

frdfun コマンドを使用して関数 imagfrd モデル sys に適用し、周波数応答の虚数部を周波数の関数として取得します。

sysImag = frdfun(@imag,sys)
sysImag =
 
    Frequency(rad/s)     Response 
    ----------------     -------- 
           0.0100        9.847e-04
           0.0359        3.508e-03
           0.1292        1.130e-02
           0.4642        9.857e-03
           1.6681       -7.515e-02
           5.9948       -3.050e-01
          21.5443       -5.495e-01
          77.4264       -2.623e-01
         278.2559       -7.725e-02
        1000.0000       -2.159e-02
 
Continuous-time frequency response.

sys の周波数応答のゲインを関数 abs で取得することもできます。

sysMag = frdfun(@abs,sys)
sysMag =
 
    Frequency(rad/s)    Response
    ----------------    --------
           0.0100        0.1648 
           0.0359        0.1644 
           0.1292        0.1601 
           0.4642        0.1298 
           1.6681        0.1298 
           5.9948        0.3585 
          21.5443        0.8902 
          77.4264        1.1637 
         278.2559        1.1971 
        1000.0000        1.1998 
 
Continuous-time frequency response.

この例では、各 I/O ペアについて 100 のテスト周波数を含む 2x2 MIMO 周波数応答モデル sys について考えます。

MAT ファイル frdModelMIMO.mat からfrdオブジェクト sys を読み込みます。

load('frdModelMIMO.mat','sys')
size(sys)
FRD model with 2 outputs, 2 inputs, and 100 frequency points.

sys の 2 番目の I/O ペアの周波数応答のゲインを計算する関数を定義します。

fun = @(h) abs(h(2,2));

frdfun コマンドを使用して関数 funsys の特定の I/O ペアに適用します。

fsys = frdfun(fun,sys);

入力引数

すべて折りたたむ

frd モデルに適用する関数。MATLAB 関数として指定します。関数 fun は、周波数全体で単一の行列を受け入れて、スカラー、ベクトル、または固定サイズの行列を返さなければなりません。

周波数応答データ モデル。frd モデル オブジェクト、genfrd モデル オブジェクト、または ufrd モデル オブジェクトとして指定します。sysgenfrd オブジェクトまたは ufrd (Robust Control Toolbox) オブジェクトとして指定すると、frdfun はそれを、関数 fun を適用する前にまず frd オブジェクトに変換します。

周波数応答データ モデルの詳細については、frd を参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

出力周波数応答データ モデル。frd モデル オブジェクトとして返されます。frdfunsys の各周波数で周波数応答値に関数 fun を適用し、結果を fsys に収集します。

周波数応答データ モデルの詳細については、frd を参照してください。

参考

| | (Robust Control Toolbox)

R2020a で導入