最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fnorm

FRD モデルの点ごとのピーク ゲイン

構文

fnrm = fnorm(sys)
fnrm = fnorm(sys,ntype)

説明

fnrm = fnorm(sys) は、FRD モデル sys に含まれた周波数応答の点ごとの 2 ノルム、すなわち、各周波数点のピーク ゲインを計算します。出力 fnrm は、周波数全体のピーク ゲインを含む FRD オブジェクトです。

fnrm = fnorm(sys,ntype) は、ntype で指定された行列ノルムを使って、周波数応答ゲインを計算します。有効な行列ノルムおよび対応する NTYPE 値については、norm を参照してください。

参考

|

R2006a で導入