最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

evalfr

与えられた周波数における周波数応答の評価

構文

frsp = evalfr(sys,f)

説明

frsp = evalfr(sys,f) は複素数 f で TF、SS、ZPK モデルの sys の伝達関数を評価します。データ (A, B, C, D) をもつ状態空間モデルの場合、結果は次のようになります。

H(f) = D + C(fI – A)–1B

evalfr は、単一の点で応答を迅速に評価するための、freqresp の簡易バージョンです。一連の周波数全体の周波数応答を計算するには freqresp を使用してください。

すべて折りたたむ

次の離散時間伝達関数を作成します。

H(z)=z-1z2+z+1

H = tf([1 -1],[1 1 1],-1);

伝達関数を z = 1+j で評価します。

z = 1+j;
evalfr(H,z)
ans = 0.2308 + 0.1538i

次の連続時間の伝達関数モデルを作成します。

H(s)=1s2+2s+1

sys = idtf(1,[1 2 1]);

周波数 0.1 ラジアン/秒で伝達関数を評価します。

w = 0.1;
s = j*w;
evalfr(sys,s)
ans = 0.9705 - 0.1961i

あるいは、freqresp コマンドを使用します。

freqresp(sys,w)
ans = 0.9705 - 0.1961i

制限

fsys の極の場合、応答は有限ではありません。

参考

| |

R2006a より前に導入