最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bandwidth

説明

fb = bandwidth(sys) は、SISO 動的システム モデル sys の帯域幅を返します。帯域幅は、ゲインが DC 値の 70.79% (-3 dB) 未満に減衰する最初の周波数です。帯域幅は rad/TimeUnit で表されます。TimeUnitsysTimeUnit プロパティです。

fb = bandwidth(sys,dbdrop) は、指定されたゲイン減衰の帯域幅を返します。

すべて折りたたむ

伝達関数 sys = 1/(s+1) の帯域幅を計算します。

sys = tf(1,[1 1]);
fb = bandwidth(sys)
fb = 0.9976

この結果には sys のゲインが 1 rad/s 近辺で DC 値より 3 dB 低くなることが示されています。

システムのゲインが DC 値より 3.5 dB 低くなる周波数を計算します。状態空間モデルを作成します。

A = [-2,-1;1,0];
B = [1;0];
C = [1,2];
D = 1;
sys = ss(A,B,C,D);

sys の 3.5 dB 帯域幅を求めます。

dbdrop = -3.5;
fb = bandwidth(sys,dbdrop)
fb = 0.8348

5 行 1 列の伝達関数モデルの配列にある各エントリの帯域幅を求めます。for ループを使用して配列を作成し、その次元を確認します。

sys = tf(zeros(1,1,5));
s = tf('s');
for m = 1:5
    sys(:,:,m) = m/(s^2+s+m);
end
size(sys)
5x1 array of transfer functions.
Each model has 1 outputs and 1 inputs.

帯域幅を求めます。

fb = bandwidth(sys)
fb = 5×1

    1.2712
    1.9991
    2.5298
    2.9678
    3.3493

bandwidth は、各エントリが sys 内の対応するエントリの帯域幅である配列を返します。たとえば、sys(:,:,2) の帯域幅は fb(2) です。

入力引数

すべて折りたたむ

動的システム。SISO 動的システム モデルまたは SISO 動的システム モデルの配列として指定します。使用できる動的システムには次のようなものがあります。

  • tfzpkss モデルなどの連続時間または離散時間の数値 LTI モデル。

  • frd モデルなどの周波数応答データ モデル。これらのモデルの場合、関数 bandwidth は最初の周波数点を使用して DC ゲインを近似します。

sys がモデルの配列である場合、bandwidth は、各エントリが sys で対応するモデルの帯域幅である、同じサイズの配列を返します。モデル配列の詳細については、モデル配列を参照してください。

dB 単位のゲイン減衰。負の実数スカラーとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

周波数応答帯域幅。スカラーまたは配列として返されます。動作は sys により異なります。

  • 単一のモデルの場合、fbsys の帯域幅です。

  • モデル配列の場合、fb はモデル配列 sys と同じサイズの配列になります。各エントリは、sys で対応するエントリの帯域幅です。

fbrad/TimeUnit で表されます。TimeUnitsysTimeUnit プロパティです。

R2006a より前に導入