最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

多入力コンスタレーション ダイアグラムの表示

この例では、Constellation Diagramブロックを使用して、多入力とマルチチャネル変調信号のコンスタレーションを可視化する方法を示します。

最初の入力ポートから 2 つのランダムな 16-QAM 信号と 2 つ目の入力端子から 1 つのランダムな 8-PSK 信号をパスします。1 つの基準コンスタレーションを各入力端子に定義できます。単一の基準コンスタレーションが 1 つの入力端子経由ですべてのマルチチャネル信号に適用されるため、Vector Concatenate、Matrix Concatenateブロックを使用して同じデータ型と同じ基準コンスタレーションの複数の信号を連結します。すべての入力信号が単一のチャネル入力の場合、Constellation Diagram に直接渡すことができます。

AWGN チャネルを通して 3 つの信号をフィルター処理し、Constellation Diagram に渡します。

モデル例を実行してそのコンスタレーションを調べる

モデルを実行するには、MATLAB® コマンド プロンプトで open slex_constellation_diagram_multi_channel と入力することによって例を開きます。

シミュレーション実行後、Constellation Diagram は、入力信号に対するノイズを含むコンスタレーション点を示します。黄色と青色で表示される受信データの点は、2 つの 16-QAM 入力信号を表し、赤色で表示された受信データの点は、8-PSK 信号を表します。赤色の '+' 記号は、16-QAM 変調信号の理想的なコンスタレーションの位置を示し、白色の ‘+’ 記号は 8-PSK 変調信号の理想的なコンスタレーションの位置を示します。

軌跡トレースは以下の各信号に対して示されます。

その他の調査

[トレース選択] ペインを使用して、対象のチャネルに対する測定値を表示します。モデルを変更して、現在の変調次数を変更してみることを考えます。