Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

ハードウェア デバイスからの信号の読み取り

Communications Toolbox™ ソフトウェアでは、ソフトウェア無線機 (SDR) 用の Communications Toolbox サポート パッケージを使用して外部ハードウェア デバイスからの信号を読み取ることができます。MATLAB® および Simulink® で未加工の無線信号を使用する SDR アプリケーションの設計、プロトタイピングおよびテストを実行できます。サポートされるハードウェアを無線周辺機器として、提供されたビット ストリームと共に使用し、HDL Coder™ を使用して、自動化されたターゲット ワークフローにより FPGA で独自の設計を実行します。

HDL ターゲットをサポートするハードウェア サポート パッケージを使用して、固定ビット ストリームとユーザー提供ビット ストリームの両方を生成します。たとえば、Communications Toolbox の Xilinx® Zynq®-Based 無線機用サポート パッケージと Communications Toolbox の USRP® Embedded Series 無線機用サポート パッケージは、この目的に使用できます。

SDR ハードウェアのサポート パッケージの詳細については、サポートされているハードウェア – ソフトウェア無線機を参照してください。

MATLAB および Simulink での SDR の詳細については、MathWorks® Web サイトでソフトウェア無線機 (SDR) を参照してください。