Main Content

Simulink のパワー アンプの入力信号のプリディストーション

デジタル プリディストーション (DPD) をランダムなシンボルの 16 QAM 信号に適用します。DPD Coefficient Estimatorブロックは、パワー アンプ (PA) の入出力信号を含む取得した信号を使用して、プリディストーション係数行列を決定します。信号の前提条件のデジタル プリディストーションとは、PA による損失を補正することです。このモデルには、PA を示すブロックは含まれません。

PreLoadFcn コールバック (File>Model Properties>Callbacks 内にある) はモデル パラメーターを初期化し、ワークスペース変数 PA_InputPA_Output をファイル commpowamp_dpd_data.mat から読み込みます。変数 PA_InputPA_Output は PA の入出力で取得したベースバンド等価信号です。PA_InputPA_Output は、DPD Coefficient Estimator ブロックによって使用され、メモリ多項式の係数を推定します。メモリ多項式の係数は PA 入力信号をプリディストーションするためにDPDブロックに入力されます。

モデルの入力信号パスは、ランダム シンボル ストリームを生成し、16-QAM 変調を適用してから、変調された信号にフィルター処理するレイズド コサイン送信を適用します。

入力信号は、DPD Coefficient Estimator ブロックに生成されたメモリ多項式の係数を使用して DPD ブロックにデジタルでプリディストーションされます。DPD ブロックは、歪んだ PA 出力信号を作成した PA にプリディストーションされた入力信号を返します。