Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink の QPSK 変調信号の LDPC 符号化および復号化

LDPC 符号化され、QPSK 変調されたビット ストリームを AWGN チャネル経由で送信します。受信信号を復調および復号化します。誤り統計を計算します。

snr 変数は、[Model Properties]、[Callbacks]InitFcn コールバックを使用して初期化されます。AWGN Channel ブロックの SNR dB パラメーターと QPSK Demodulator Baseband ブロックの Variance パラメーターは、snr 変数を使用して設定を初期化します。

このシミュレーションはデータの 1 つの入力フレームを処理するように構成されています。Error Rate Calculation ブロックは、送信されたバイナリ データ ストリームと LDPC Decoder ブロックによって出力された情報データ ビットを比較します。

For SNR = 1 dB, the error rate is 0.