Main Content

Simulink での CRC-8 チェックサムの生成

802.11™-2016、節 21.3.10.3 に示されている例の CRC-8 チェックサムを生成し、期待される CRC と比較します。

モデルの検証

802.11-2016 の CRC 計算に一致させるため、"General CRC Generator" ブロック マスクは生成多項式を $z^8 + z^2 + z + 1$、初期状態を 1、最終的な XOR パラメーターを 1 に設定し、直接法を選択します。

このシミュレーションは、802.11-2016 規格の節 21.3.10.3 にある例をモデル化する 1 つの入力フレームを処理するように構成されています。この例では、入力ビット ストリーム {m0, ... m22} は {1 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1} で、期待される CRC チェックサム {c7, ... c0} は {0 0 0 1 1 1 0 0} です。生成された CRC チェックサム ビットが期待されるビットと比較され、8 ビット CRC チェックサムの各等価ビットに対して 1 が出力されます。

comparedOut =

  8x1 logical array

   1
   1
   1
   1
   1
   1
   1
   1

参考文献

[1] IEEE Std 802.11™-2016 IEEE Standard for Information Technology—Local and Metropolitan Area Networks—Specific Requirements Part 11:Wireless LAN MAC and PHY Specifications.