Main Content

巡回冗長検査符号化

基本的な Simulink® ブロックを使用して g(x) = x³ + x + 1 という生成多項式を作成することによってフレームに CRC ビットを付加し、その結果を、同じ生成多項式に対して構成された General CRC Generator ブロックの演算と比較します。

長さ 6 ビットの既知の入力メッセージの場合、このモデルはレジスタの特定の初期状態で両方の CRC 発生器を実行します。初期状態はコールバック関数 PreLoadFcn を使用してワークスペース iniStates に読み込まれます。

シミュレーションを実行すると、General CRC Generator ブロックを使用して生成された追加の CRC ビットと、基本的な Simulink® ブロックによって作成された生成多項式を使用して生成された CRC が表示されます。

異なるメッセージ ビット、または異なる初期状態を使用して、両方の実装の結果が一致することを確認できます。初期状態を調整するには、シミュレーションを実行する前に iniStates ワークスペース変数を変更します。高次多項式の指定など、基本ブロック生成多項式にその他の変更を加えるには、基本ブロックのレイアウトを修正する必要があります。一方、General CRC Generator ブロックの再構成に必要なのはパラメーターの設定の更新のみです。