最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

多項式の文字表現

文献で使われている構文と同じようなさまざまな構文を使用して、多項式を文字ベクトルまたは文字列で指定できます。文字ベクトルと文字列の多項式をサポートする Communications Toolbox™ の関数は、内部でそれらを適切な形式に変換します。形式は関数によって異なります。たとえば、関数 comm.BCHEncoder は、次数が降べきの順であるバイナリ行ベクトルで多項式を表現します。

文字ベクトルまたは文字列を指定して多項式を表す場合は、次のようになります。

  • 多項式の次数は、昇順と降順のいずれでもかまいません。

  • スペースは無視されます。

  • 指数の存在を示すキャレット記号 ^ の使用は任意です。省略した場合、関数は、変数名に続く整数が指数であると見なします。

  • 中かっこ {} は指数を表します。たとえば、x2x{2} で表すことができます。

  • 多項式表現の前にあるテキストは、等式記号の有無にかかわらず無視されます。

  • 大かっこに続く句読点は無視されます。

  • 指数は、一様に正であるか、または一様に負でなければなりません。正と負が混在した指数は使用できません。たとえば、'x^2 + x + 1''1 + z^-6 + z^-8' は有効ですが、'1 + z^6 + z^-8' は有効ではありません。

これらの特性を表す例として、多項式 1 + 2x + x3 + 4x5 + x14 は、以下に示すように文字ベクトルの一重引用符または文字列の二重引用符を使用する、以下の例を使用して表現できます。

  • '1+2x+x^3+4x^5+x^14'

  • '1+2m+m3+4m5+m14'

  • 'q14 + 4q5 + q3 + 2q + 1'

  • 'g(x) = 1+2x+x3+4x5+x14'

  • 'g(z) 1+2z+z3+4z5+z14'

  • 'p(x) = x{14} + 4x{5} + x{3} + 2{x} + 1'

  • '[D14 + 4D5 + D3 + 2D + 1]'