最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サポートされているハードウェア – ソフトウェア無線機

サードパーティ製ソフトウェア無線ハードウェア (Xilinx®、RTL-SDR、ADALM-PLUTO、および USRP® 無線など) のサポート

Communications Toolbox™ の今回のリリースは、次のハードウェアをサポートしています。

サポート パッケージベンダー使用可能な最も古いリリース使用可能な最も新しいリリース
ADALM-Pluto 無線器Analog Devices®R2017a現行
RTL-SDR 無線 NooElec™ R2013b現行
USRP® Embedded Series 無線機 Ettus Research® R2016b現行
USRP® 無線 Ettus Research R2011b現行
Xilinx Zynq ベース無線機 Xilinx R2014b現行

Communications Toolbox で使用できるサポート パッケージのリストについては、Communications Toolbox の Hardware Support Catalog を参照してください。

Communications Toolbox 機能を使用して、取得した信号またはライブ無線信号を処理できます。Communications Toolbox ソフトウェアでは、ソフトウェア無線機 (SDR) 用の Communications Toolbox サポート パッケージを使用して外部ハードウェア デバイスからの信号を読み取ることができます。

MATLAB® および Simulink® で未加工の無線信号を使用する SDR アプリケーションの設計、プロトタイピング、およびテストを実行できます。サポートされるハードウェアを無線周辺機器として、提供されたビット ストリームと共に使用し、HDL Coder™ を使用して、自動化されたターゲット ワークフローにより FPGA で独自の設計を実行します。SDR のサポート パッケージは、固定ビット ストリームおよびカスタム ビット ストリーム (ユーザー提供ロジック) の両方のワークフロー (SDR ターゲット) をサポートします。

MATLAB および Simulink でのソフトウェア無線機の詳細については、MathWorks® Web サイトでソフトウェア無線機 (SDR) を参照してください。

注目の例