このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

RF 伝播

サイトと地形の可視化、伝播モデル仕様、通信リンク、信号強度、信号カバレッジ マップ、Longely-Rice

RF 伝播は、伝送点からの電磁放射が周囲環境を通過するときの挙動を示します。RF 伝播の解析は、さまざまなシナリオで電磁波が送信機から受信機に到達するまでに損失がどのように生じるかを理解するうえで不可欠です。

オブジェクト

txsite無線周波数送信機サイトの作成
rxsite無線周波数受信機サイトの作成
siteviewerサイトを可視化するサイト ビューアー マップ ディスプレイの作成
propagationDataRF 伝播データ コンテナーを作成
comm.Ray伝播光線コンテナー オブジェクト

関数

すべて展開する

addCustomBasemapカスタム ベースマップの追加
addCustomTerrainカスタム地形データの追加
removeCustomBasemapカスタム ベースマップの削除
removeCustomTerrainカスタム地形データの削除
showマップ上のサイト位置の表示
hideマップ上のサイト位置の非表示
distanceサイト間の距離
angleサイト間の角度
elevationサイトの標高
locationサイトから指定された距離と角度にある位置の座標
coverageカバレッジ マップの表示
patternマップへのアンテナの放射パターンのプロット
sinr信号対干渉ノイズ比 (SINR) マップの表示
linkマップ上の通信リンクの表示
sigstrength送信機による信号強度
raytraceサイト間の伝播パスのプロット
losマップ上でサイト間の見通し内 (LOS) の可視性をプロットまたは計算します。
propagationModelRF 伝播モデルの作成
cranerainplCrane モデルを使用した降雨による RF 信号の減衰
rainpl降雨による RF 信号の減衰
gaspl大気ガスによる RF 信号の減衰
fogpl霧および雲による RF 信号の減衰
fspl自由空間パス損失
raypl光線のパス損失と位相シフトの計算
buildingMaterialPermittivity建物の材料の誘電率と伝導率
earthSurfacePermittivity地表材料の誘電率と伝導率

ブロック

すべて展開する

Free Space Path Loss指定した量で入力信号の振幅を低減する

トピック

サイト ビューアー

サイト ビューアーの基礎、ベースマップ、およびトラブルシューティング。

サイト ビューアーのトラブルシューティング

txsite または rxsite オブジェクトの表示時にサイト ビューアーを起動すると、既定のベースマップと地形データを取得するためのインターネット接続があることを確認するチェックが行われます。

サイト ビューアーでのベースマップと地形へのアクセス

MATLAB® ベースマップをダウンロードするには、以下のようにします。

注目の例