Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Integer to Bit Converter

整数ベクトルからビット ベクトルへのマップ

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Utility Blocks

  • Integer to Bit Converter block

説明

Integer to Bit Converter ブロックは、入力ベクトル中の各整数 (または固定小数点値) を出力ベクトル中のビット グループにマッピングします。

このブロックはシングルレートの単一チャネルです。このブロックは、[Output bit order] の指定を用いて最上位ビットを特定し、各整数 (入力が固定小数点の場合は格納された整数) を M ビットのグループにマップします。この結果の出力ベクトルの長さは、入力ベクトルの長さの M 倍となります。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。整数または整数の長さ N の列ベクトルとして指定します。

M が [Number of bits per integer(M)] パラメーターで指定されると、次のようになります。

  • [Number of bits per integer] パラメーターが [Unsigned] に設定されている場合、入力値は範囲 [0, (2M – 1)] の整数でなければなりません。

  • [Number of bits per integer] パラメーターが [Signed] に設定されている場合、入力値は範囲 [(–2M-1)、(2M – 1 – 1)] の整数でなければなりません。

ブロックはシミュレーション中にランタイム チェックを実行し、適正範囲外の入力値に対してエラーを発行します。ブロックがコードを生成する際には、このランタイム チェックは実行されません。

データ型: double

出力

すべて展開する

出力信号。長さが M·N のビットのスカラーまたは列ベクトルとして返されます。

パラメーター

すべて展開する

入力の各整数にマッピングされた入力ビットの数。範囲 [1, 32] の整数として指定します。

入力範囲にある整数値を、符号付きで扱うか符号なしで扱うかを指定します。

出力信号の先頭ビットを、最上位ビット (MSB) と最下位ビット (LSB) のどちらとするかを指定します。

出力ビットのデータ型を指定します。次のいずれかの [Output data type] オプションを選択できます。

  • Inherit via internal rule –– このブロックは出力のデータ型を入力のデータ型に基づいて判定します。

    • 入力信号が浮動小数点 ([single] または [double]) の場合、出力のデータ型は入力のデータ型と同じになります。

    • 入力信号のデータ型が浮動小数点ではない場合、出力のデータ型は、パラメーターが [Smallest integer] に設定されているものとして、決定されます。

  • Smallest integer –– このブロックは [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの[ハードウェア実行] ペイン (Simulink)で使用した設定に基づいて、出力データ型を選択します。

    • デバイス ベンダーに [ASIC/FPGA] を選択すると、出力データ型は理想的な 1 ビット サイズ (ufix1) です。

    • その他のデバイス ベンダーを選んだ場合、出力データ型は、ハードウェア実行設定で定義される最小の語長となる符号なし整数とされます (uint8 など)。

  • Same as input

  • double

  • single

  • uint8

  • uint16

  • uint32

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point[a] | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

[a] [ハードウェア実行] ペインで ASIC/FPGA が選択されている場合のみ、出力は ufix(1) です。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

関数

R2006a より前に導入