Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

step

System object: comm.ViterbiDecoder
パッケージ: comm

ビタビ アルゴリズムを使用した畳み込み符号化されたデータの復号化

構文

Y = step(H,X)
Y = step(H,X,ERASURES)
Y = step(H,X,R)

説明

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

Y = step(H,X) は、符号化されたデータ X をビタビ アルゴリズムを使用して復号化し、Y を返します。X は列ベクトルでなければなりませんが、データ型と値は InputFormat プロパティの設定によって異なります。畳み込み符号が 2N シンボル候補のアルファベットを使用した場合、入力ベクトル長 X はある正の整数 L に対して L×N になります。同様に、復号化されたデータが 2K 出力シンボル候補のアルファベットを使用する場合、出力ベクトル長 Y は L×K になります。

Y = step(H,X,ERASURES) は、バイナリ列入力ベクトル ERASURES を使用して、入力符号語のシンボルを消去します。ERASURES 内の要素は、double または論理データ型でなければなりません。ERASURES ベクトルの 1 の値は消去されたシンボルに対応し、0 の値は消去されていないシンボルに対応します。X 入力と ERASURES 入力の長さは同じでなければなりません。この構文は、ErasuresInputPort プロパティを true に設定した場合に適用されます。

Y = step(H,X,R) は、非ゼロのリセット信号である R が入力されると、復号化器の内部状態をリセットします。R は倍精度または論理スカラーでなければなりません。この構文は、TerminationMethod プロパティを Continuous に設定し、ResetInputPort プロパティを true に設定した場合に適用されます。

メモ

obj は、この step メソッドの実行先の System object を指定します。

オブジェクトは、step メソッドがはじめて実行されるときに初期化を実行します。この初期化により、入力データの次元、実数/複素数、データ型など、調整不可能なプロパティと入力仕様がロックされます。調整不可能なプロパティまたは入力仕様を変更すると、System object はエラーを発行します。調整不可能なプロパティまたは入力を変更するには、まず release メソッドを呼び出してオブジェクトをアンロックしなければなりません。