Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

step

System object: comm.MultiplexedDeinterleaver
パッケージ: comm

指定した遅れをもつ一連のシフトレジスタを使って入力シンボルをデインターリーブする

構文

Y = step(H,X)

説明

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

Y = step(H,X) は、多重インターリーバーを使用してインターリーブされたシーケンス X の元の順序を復元し、Y を返します。入力 X は列ベクトルでなければなりません。X のデータ型は、数値、論理値、または固定小数点 (fi オブジェクト) にできます。Y には X と同じデータ型があります。Multiplexed Deinterleaver オブジェクトは、N シフト レジスタを使用します。ここで N は、Delay プロパティで指定されたベクトルの要素の数です。新しい入力シンボルがデインターリーバーに入力されると、コミュテーターが新しいレジスタに切り替わります。新しいシンボルがそのレジスタにシフト インし、最も古いシンボルがレジスタからシフト アウトします。コミュテーターが N 番目のレジスタに到達し、次の新しい入力が発生すると、最初のレジスタに戻ります。多重インターリーバーに関連づけられた多重デインターリーバーには、インターリーバーと同じ数のレジスタがあります。デインターリーバーの特定のレジスタで遅延がどれだけ発生するかは、インターリーバーの最大遅延から特定のレジスタのインターリーバー遅延を差し引いた値によります。

メモ

obj は、この step メソッドの実行先の System object を指定します。

オブジェクトは、step メソッドがはじめて実行されるときに初期化を実行します。この初期化により、調整不可能なプロパティと入力仕様がロックされます。プロパティ値の変更の詳細については、System object を使用した MATLAB でのシステム設計を参照してください。