Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

step

System object: comm.gpu.ConvolutionalDeinterleaver
パッケージ: comm

シフト レジスタを使用した入力シンボルの並べ替え

構文

Y = step(H,X)

説明

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

Y = step(H,X) は、畳み込みインターリーバーを使用してインターリーブされたシーケンス X の元の順序を復元し、Y を返します。入力 X は列ベクトルでなければなりません。データ型は、数値、論理値、または固定小数点 (fi オブジェクト) にできます。Y には X と同じデータ型があります。畳み込みデインターリーバー オブジェクトは一連の N 個のシフト レジスタを使用します。ここで、NNumRegisters プロパティで指定された値です。オブジェクトは、k 番目のシフト レジスタの遅延値を (k-1) と RegisterLengthStep プロパティ値の積に設定します。新しいシンボルが入力されるたびに、コミュテーターは新しいレジスタに切り替わり、そのレジスタの最も古いシンボルがシフト アウトされて新しいシンボルがシフト インします。コミュテーターが N 番目のレジスタに到達し、次の新しい入力が発生すると、最初のレジスタに戻ります。

メモ

obj は、この step メソッドの実行先の System object を指定します。

オブジェクトは、step メソッドがはじめて実行されるときに初期化を実行します。この初期化により、入力データの次元、実数/複素数、データ型など、調整不可能なプロパティと入力仕様がロックされます。調整不可能なプロパティまたは入力仕様を変更すると、System object はエラーを発行します。調整不可能なプロパティまたは入力を変更するには、まず release メソッドを呼び出してオブジェクトをアンロックしなければなりません。