Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

step

System object: comm.GoldSequence
パッケージ: comm

Gold シーケンスの生成

構文

Y = step(H)
Y = step(H,RESET)

説明

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj)y = obj() は同等の演算を実行します。

Y = step(H) は、列ベクトル Y の Gold シーケンスの 1 フレームを出力します。SamplesPerFrame プロパティでフレームの長さを指定します。このオブジェクトは 2 つの PN シーケンス発生器を使用して、周期 N _eqsign_ 2^n-1 の優先ペアを生成します。次にこれらのシーケンスの XOR 演算を実行し、Gold シーケンス出力を生成します。ここで値 n は、FirstPolynomial および SecondPolynomial プロパティに指定された生成多項式の次数を表します。

ResetInputPort プロパティを true に設定した場合、Y = step(H,RESET)RESET をリセット信号として使用します。RESET 入力のデータ型は、倍精度型または論理型でなければなりません。RESET は、スカラー値または、SamplesPerFrame プロパティに指定されたフレームあたりのサンプル数に等しい長さの列ベクトルをとることができます。RESET 入力が非ゼロのスカラーの場合、オブジェクトは FirstInitialConditions および SecondInitialConditions プロパティに指定された初期条件にリセットします。その後、新しい出力フレームを生成します。列ベクトルの RESET 入力を使用すれば、1 つの出力フレーム内で複数のリセットが可能です。ベクトルの i 番目の要素に非ゼロの値があると、i 番目の出力サンプル時間にリセットが発生します。

メモ

obj は、この step メソッドの実行先の System object を指定します。

オブジェクトは、step メソッドがはじめて実行されるときに初期化を実行します。この初期化により、調整不可能なプロパティと入力仕様がロックされます。プロパティ値の変更の詳細については、System object を使用した MATLAB でのシステム設計を参照してください。