最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

step

System object: comm.EVM
パッケージ: comm

エラー ベクトル振幅の測定

説明

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

RMSEVM = step(EVM,REFSYM,RXSYM) は、基準信号 REFSYM に基づいて、受信信号 RXSYM の平方根平均二乗 EVM 測定値 RMSEVM を返します。EVM 値はパーセンテージで測定されます。

REFSYM 入力と RXSYM 入力は、次元とデータ型が等しい複素数の列ベクトルです。データ型は、勾配が 2 のべき乗でバイアスが 0 の double、single、符号付き整数または符号付き固定小数点にできます。オブジェクトのすべての出力は double のデータ型です。EVM の測定間隔を設定するには、MeasurementIntervalSource プロパティおよび MeasurementInterval プロパティを使用します。

RMSEVM = step(EVM,RXSYM) は、ReceivedConstellation プロパティで指定した基準信号に基づいて、受信信号 RXSYM の EVM 測定値を返します。

[___,MAXEVM] = step(___) は、上記 2 つの構文のいずれかを指定すると、その最大 EVM である MAXEVM を返します。

最大 EVM 値を返すには、MaximumEVMOutputPort プロパティを true に設定します。最大 EVM の測定間隔を設定するには、MeasurementIntervalSource プロパティおよび MeasurementInterval プロパティを使用します。

[___,XEVM] = step(___) は、X 百分位 EVM である XEVM を返します。

X 百分位 EVM を返すには、XPercentileEVMOutputPort プロパティを true に設定します。XEVM は、測定値の X% がその値を下回る EVM です。ここで、X は XPercentileValue プロパティで設定します。XEVM は、最後のリセット以降のすべての入力フレームを使用して測定されます。

[___,NUMSYM] = step(___) は、X 百分位 EVM の計算に使用されるシンボル数 NUMSYM を返します。

NUMSYM を返すには、SymbolCountOutputPort プロパティを true に設定します。NUMSYM は、最後のリセット以降のすべての入力フレームを使用して測定されます。

メモ

EVM は、この step メソッドの実行先の System object を指定します。

このオブジェクトは、step メソッドの初回実行時に初期化を実行します。この初期化により、入力データの次元、実数/複素数、データ型など、調整不可能なプロパティ (MATLAB)と入力仕様がロックされます。調整不可能なプロパティまたは入力仕様を変更すると、System object はエラーを発行します。調整不可能なプロパティまたは入力を変更するには、まず release メソッドを呼び出してオブジェクトをアンロックしなければなりません。