Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

step

System object: comm.DifferentialEncoder
パッケージ: comm

差動符号化によるバイナリ信号の符号化

構文

Y = step(H,X)

説明

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

Y = step(H,X) は、バイナリ入力データ X を符号化し、差分により符号化されたデータ Y を返します。入力 X は、データ型が論理値、数値または固定小数点 (embedded.fi オブジェクト) の列ベクトルでなければなりません。Y のデータ型は X と同じになります。オブジェクトは、非バイナリ入力をバイナリ信号として扱います。このオブジェクトは、InitialCondition プロパティの値と step メソッドを最初に呼び出したときに入力したベクトルの最初の要素の XOR 演算を実行して初期出力値を計算します。

メモ

obj は、この step メソッドの実行先の System object を指定します。

オブジェクトは、step メソッドがはじめて実行されるときに初期化を実行します。この初期化により、調整不可能なプロパティと入力仕様がロックされます。プロパティ値の変更の詳細については、System object を使用した MATLAB でのシステム設計を参照してください。