最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

CMA Equalizer

(削除予定) 定包絡線基準アルゴリズムを使用してイコライズする

CMA Equalizer は将来のリリースで削除される予定です。代わりに Linear Equalizer または Decision Feedback Equalizer を使用してください。

ライブラリ

Equalizers

説明

CMA Equalizer ブロックは線形イコライザーと定包絡線基準アルゴリズム (CMA) を使用して、分散チャネルを通る線形変調ベースバンド信号をイコライズします。シミュレーション中、このブロックは CMA を使用して、シンボルごとに 1 回、重みを更新します。ブロックは、[Number of samples per symbol] パラメーターが 1 であればシンボル間隔イコライザーを実装し、それ以外の場合は分数間隔イコライザーを実装します。

このブロックを使用する場合、ゼロ以外のベクトルでイコライザーの重みを初期化しなければなりません。通常、CMA は差動変調で使用します。それ以外の場合は、初期重みが非常に重要です。初期重みの典型的なベクトルは、センター タップに対応する 1 とそれ以外に対応する 0 をもちます。

入力信号と出力信号

Input 端子は、スカラー値または列ベクトル入力信号を受け入れます。Desired 端子は、Input 信号中のシンボル数以下の長さのトレーニング シーケンスを受け入れます。

ブロックを下の表にリストされた 1 つ以上の追加端子をもつように設定できます。

端子平均有効にする方法
Err 出力y(R -|y|2)。ここで y はイコライズされた信号、R はコンスタレーションに関連した定数。[Output error] を選択します。
Wts 出力ブロックが現在の入力フレームまたはサンプルを処理した後に重みをリストするベクトル。[Output weights] を選択します。

アルゴリズム

適応イコライザーで示す図に関して、w をすべての重み wi のベクトルとして定義し、u をすべての入力 ui のベクトルとして定義します。現在の重み集合 w に基づき、この適応アルゴリズムは次の式で新しい重み集合を作成します。

(LeakageFactor) w + (StepSize) u*e

ここで * 演算子は複素共役を意味します。

イコライザーの遅延

送信機の変調器の出力と CMA イコライザー出力間の遅延は (この製品の他の適応イコライザーと違って)、通常、未知です。遅延を判別する場合は、Find Delay ブロックを使用できます。

パラメーター

Number of taps

イコライザーのフィルター内のタップの数。

Number of samples per symbol

各シンボルの入力サンプルの数です。

このパラメーターを 1 に設定した場合、シンボル間隔 (つまり T 間隔) イコライザーに対して、シンボルごとに 1 回フィルターの重みが更新されます。このパラメーターを 1 よりも大きい値に設定すると、分数間隔 (つまり T/N 間隔) イコライザーに対して、N 番目のサンプルごとに重みが更新されます。

Signal constellation

変調用のコンスタレーションを指定する複素数のベクトルです。

Step size

CMA のステップ サイズ。

Leakage factor

CMA の漏れ係数は、0 と 1 の間の数です。1 は従来の重み更新アルゴリズムに相当し、0 はメモリのない更新アルゴリズムに相当します。

Initial weights

タップの初期重み付けをリストするベクトル。

Output error

このボックスをオンにした場合、ブロックは上の表に示した誤差信号を出力します。

Output weights

このチェック ボックスをオンにすると、ブロックは現在の重みを出力します。

参照

[1] Haykin, Simon, Adaptive Filter Theory, Third Ed., Upper Saddle River, N.J., Prentice-Hall, 1996.

[2] Johnson, Richard C. Jr., Philip Schniter, Thomas. J. Endres, et al., "Blind Equalization Using the Constant Modulus Criterion: A Review," Proceedings of the IEEE, vol. 86, pp. 1927-1950, October 1998.

互換性の考慮事項

すべて展開する

R2019a での開始は非推奨

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入