Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Bit to Integer Converter

ビットのベクトルを対応する整数のベクトルに割り当てる

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Utility Blocks

  • Bit to Integer Converter block

説明

Bit to Integer Converter ブロックは、入力ベクトルのビットのグループを出力ベクトルの整数にマップします。

M が [Number of bits per integer(M)] パラメーターで指定されると、次のようになります。

  • 符号なし整数の場合、ブロックは M ビットの各グループを範囲 [0, (2M – 1)] の整数にマッピングします。その結果、出力ベクトル長は入力ベクトル長の 1/M 倍になります。

  • 符号付き整数の場合、ブロックは M ビットの各グループを範囲 [(–2M-1), (2M – 1 – 1)] の整数にマッピングします。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、または [Number of bits per integer(M)] パラメーターで指定された値の倍数である長さをもつビットの列ベクトルとして指定します。入力は値が 0 または 1 のビットでなければなりません。

データ型: double

出力

すべて展開する

出力信号。整数または整数の列ベクトルとして返されます。[After bit packing, treat resulting integer values as] パラメーターは、入力ビットが符号なしと符号付きのどちらとして扱われるかを指定します。

  • 入力ビットが符号なしとして扱われる場合、各整数出力は範囲 [0, (2M – 1)] 内になります。

  • 入力ビットが符号付きとして扱われる場合、各整数出力は範囲 [(–2M-1) (2M – 1 – 1)] 内になります。

パラメーター

すべて展開する

出力の各整数にマッピングされた入力ビットの数。範囲 [1, 32] の整数として指定します。

入力ビットの順序。'MSB first' または 'LSB first' として指定します。

  • 'MSB first' –– 入力信号の 1 番目のビットが最上位ビット (MSB) です。

  • 'LSB first' –– 入力信号の 1 番目のビットが最下位ビット (LSB) です。

結果の整数値がビット圧縮後に符号付きと符号なしのどちらとして扱われるかを指定します。このパラメーター設定で使用できる [Output data type] が決まります。

[Output data type] オプションは、出力の目的の符号属性に応じて変わります。

出力整数が [Signed] の場合、以下の [Output data type] オプションを選択できます。

  • Inherit via internal rule

  • Smallest integer

  • double

  • single

  • int8

  • int16

  • int32

出力整数が [Unsigned] の場合、[Signed] オプションに追加して以下のオプションから選択できます。

  • Same as input

  • uint8

  • uint16

  • uint32

パラメーターを [Inherit via internal rule] に設定した場合、ブロックは入力データ型に基づいて、出力データ型を決めます。

  • 入力信号が浮動小数点 ([double] または [single]) の場合、出力データ型は入力データ型と同じです。

  • 入力信号のデータ型が浮動小数点ではない場合、出力のデータ型は、パラメーターが [Smallest integer] に設定されているものとして、決定されます。

パラメーターを [Smallest integer] に設定した場合、ブロックは [Configuration Parameters] ダイアログ ボックスの[ハードウェア実行] ペイン (Simulink)で使用した設定に基づいて、出力データ型を選択します。

  • デバイス ベンダーに対して [ASIC/FPGA] を選択した場合、出力データ型は [Number of bits per integer(M)] パラメーターの設定に基づいて、最小理想整数または固定小数点データ型になります。

  • 他のすべてのデバイス ベンダー選択の場合、出力データ型は理想的な最小ビット サイズに適合する十分な大きさの利用可能な最小の (符号付きまたは符号なし) 整数語長になります。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point[a][b] | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

[a] 固定小数点入力は ufix(1) でなければなりません。

[b] ASIC/FPGA が [ハードウェア実行] ペインで選択されており、出力データ型が (a) [Smallest integer] または (b) [Inherit via internal rule] のいずれかに設定され、それと同時に入力が非浮動小数点の場合、ufix(N) または sfix(N) です。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

関数

R2006a より前に導入