最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

AGC Block

一定の信号レベル出力を得るために適応的にゲインを調整する

ライブラリ

RF Impairments Correction

説明

Automatic Gain Controller (AGC) ブロックは、ゲインを適応的に調整して出力時に一定の信号レベルを得ます。

パラメーター

Step size

ゲイン更新のステップ サイズを倍精度または単精度の正の実数スカラーとして指定します。既定の設定は 0.01 です。

[Step size] を増加させると、入力信号レベルの変化に対する AGC の反応は速くなります。ただし、ゲイン ポンピングも増加します。

Desired output power (W)

目的の出力強度レベルを実数の正のスカラーで指定します。強度レベルは、1 オームを基準としてワット単位で指定します。既定の設定は 1 です。

Averaging length

平均化ウィンドウの長さをサンプル単位で正の整数スカラーとして指定します。既定の設定は 100 です。

メモ

高次 QAM 信号で AGC を使用する場合、定常状態で動作するときのゲイン値の変動を抑えることが必要となる場合があります。AGC の出力におけるコンスタレーション ダイアグラムを検査し、必要に応じて平均化の長さを増やします。[Averaging length] を増やすと実行速度は低下します。

Maximum power gain (dB)

AGC の最大ゲインをデシベル単位の正のスカラーとして指定します。既定の設定は 60 です。

AGC 入力信号の強度が極端に低い場合、AGC ゲインは非常に大きくなります。これにより、入力信号の強度が急激に増大した場合に問題が生じることがあります。これを回避するには、[Maximum power gain (dB)] を使用して AGC により入力信号に適用されるゲインを制限します。

Enable output of estimated input power

このチェック ボックスをオンにすると、入力信号強度の推定値が出力端子に提供されます。既定では、チェック ボックスはオフになっています。

シミュレーション実行方法

シミュレーション モードを選択します。

コード生成

モデルの最初の実行時に、コードをシミュレートして生成します。ブロックの構造が変更されていない場合は、以降のモデルの実行でコードは再生成されません。

シミュレーション モードが [コード生成] の場合、ブロックに対応する System object では最大 9 個の入力を受け入れます。

インタープリター型実行

コードを生成せずにモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると起動時間が速くなりますが、その後のシミュレーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。

アルゴリズム

このブロックは、comm.AGC のリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

以下の例を開くには、MATLAB コマンド プロンプトで例の名前を入力します。

  • doc_agc_received_signal_amplitude — 受信信号の強度が約 1 ワットになるように適応的に調整します。

  • doc_agc_plot_step_size — AGC のパフォーマンスにおけるステップ サイズの効果をプロットします。

  • doc_agc_plot_max_gain — 最大ゲインが、AGC の機能にどのように影響してターゲットとする出力強度を達成するかを示します。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

System object

R2013a で導入