最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

PHY サブコンポーネント

波形生成、変調、誤差制御の符号化、フィルター処理、同期、イコライズ、MIMO を含む物理層サブコンポーネント

Communications Toolbox™ には、物理層 (PHY) 処理連鎖のサブコンポーネントをモデル化する低水準関数が用意されています。通信システムのリンクを作成する場合は、これらの関数を使用します。誤り訂正、インターリーブ、変調、フィルター処理、同期、イコライズおよび MIMO コンポーネントにより、通信システムを特徴付ける機能を実現できます。