Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

通信モデル向け Simulink 環境の構成

Communications Toolbox Simulink モデル テンプレート

Communications Toolbox™ Simulink® モデル テンプレートを使用すると、Simulink 環境は、通信のモデル化で推奨される設定に自動的に構成されます。Communications Toolbox Simulink のモデル テンプレートでは、コンフィギュレーション パラメーターを含めた設定の再利用が可能です。テンプレートから作成するモデルでは、ベスト プラクティスが使用され、一般的な問題はあらかじめ解決されているため、より迅速に作業を開始できます。

Simulink モデル テンプレートの詳細については、モデルの対話的な作成と編集 (Simulink)を参照してください。

Communications Toolbox Simulink モデル テンプレートを使用したモデルの作成

新しい空のモデルを作成してそのライブラリ ブラウザーを開くには、次のようにします。

  1. MATLAB®[ホーム] タブで [Simulink] をクリックし、[通信] モデル テンプレートを選択します。

  2. [モデルを作成] をクリックして Communications Toolbox での使用に適切な設定で空のモデルを作成します。新しいモデルが開きます。ライブラリ ブラウザーにアクセスするには、モデルのツール バー上で [ライブラリ ブラウザー] ボタンをクリックします。

テンプレートの設定とコンテンツを使用した新規モデルが Simulink エディターに表示されます。保存するまでは、モデルはメモリ内にのみ存在します。

Communications Toolbox Simulink モデル テンプレート

Communications Toolbox Simulink モデル テンプレートを選択してモデルを作成すると、モデルは通信のモデル化用の推奨設定を使用するように構成されます。以下はその設定の一部です。

コンフィギュレーション パラメーター設定
'SingleTaskRateTransMsg''error'
'Solver''VariableStepDiscrete'
'EnableMultiTasking''Off'
'MaxStep''auto'
'StartTime''0.0'
'StopTime''inf'
'FixedStep''auto'
'SaveTime''off'
'SaveOutput''off'
'AlgebraicLoopMsg''error'
'RTWInlineParameters''on'
'BooleanDataType''off'
'UnnecessaryDatatypeConvMsg''none'
'LocalBlockOutputs''off'

ブロックの特性

MATLAB コマンド ラインで showcommblockdatatypetable と入力して、Communications Toolbox の Simulink ブロックの特性を示すテーブルを生成します。