Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

巡回冗長検査符号化

巡回冗長検査、ジェネレーター、シンドローム、CRC-N 発生器、CRC-N シンドローム

Communications Toolbox™ には、MATLAB® または Simulink® のいずれかを使用して巡回冗長検査を実行するためのツールが含まれています。

オブジェクト

comm.CRCGeneratorCRC 符号ビットの生成と入力データへの付加
comm.CRCDetectorCRC を使用した入力データの誤り検出
comm.HDLCRCGeneratorCRC 符号ビットの生成と入力データへの付加
comm.HDLCRCDetectorCRC を使用した入力データの誤り検出

ブロック

General CRC Generator生成多項式に基づいて CRC 符号ビットを生成し、入力データ フレームに付加する
General CRC Syndrome Detector生成多項式に従って、受信した符号語フレームの誤りを検出する
General CRC Generator HDL OptimizedCRC 符号ビットを生成し、それらを入力データに付加
General CRC Syndrome Detector HDL OptimizedCRC を使用した入力データの誤り検出

トピック

誤りの検出と訂正

巡回冗長検査 (CRC) 符号化は、メッセージが送信されるときに発生する誤りを検出するための誤り制御符号化手法です。