最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

畳み込み符号化

畳み込みおよびターボ符号化と復号化、APP、事後確率、ビタビ、2 進数、8 進数またはトレリスの変換

Communications Toolbox™ には、MATLAB® または Simulink® のいずれかを使用して、信号データの前方誤り訂正の符号化と復号化を行うためのツールが含まれています。

関数

convencバイナリ データの畳み込み符号化
distspec畳み込み符号の距離スペクトルの計算
iscatastrophic非常に問題のある畳み込み符号に対応するトレリスに対して真
istrellis有効なトレリス構造体に対して真
oct2dec8 進数を 10 進数に変換
poly2trellis畳み込み符号多項式をトレリス表現に変換
vitdecビタビ アルゴリズムを使用したバイナリデータの畳み込み復号化

オブジェクト

comm.APPDecoder事後確率法を使用して畳み込み符号を復号化
comm.ConvolutionalEncoderバイナリ データの畳み込み符号化
comm.gpu.ConvolutionalEncoderGPU によるバイナリ データの畳み込み符号化
comm.TurboDecoder並列連結復号化スキームを使用した入力信号の復号化
comm.gpu.TurboDecoderGPU による並列連結復号化を使用した入力信号の復号化
comm.TurboEncoder並列連結符号化方式を使用した入力信号の符号化
comm.ViterbiDecoderビタビ アルゴリズムを使用した畳み込み符号化されたデータの復号化
comm.gpu.ViterbiDecoderGPU によるビタビ アルゴリズムを使用した畳み込み符号化されたデータの復号化

ブロック

APP Decoder事後確率 (APP) 法を使用して畳み込み符号を復号化する
Convolutional Encoderバイナリ データからの畳み込み符号の作成
Turbo Decoder並列連結復号化スキームを使用した入力信号の復号化
Turbo Encoder並列連結符号化スキームを使用したバイナリ データの符号化
Viterbi Decoderビタビ アルゴリズムを使用した畳み込み符号化されたデータの復号化

トピック

縦列連接畳み込み符号の反復復号化

このモデルでは、縦列連接畳み込み符号 (SCCC) を復号化するための反復プロセスの使用方法を示します。

パンクチャド畳み込み符号化

この例では、Convolutional Encoder および Viterbi Decoder ブロックを使用してパンクチャド符号化システムをシミュレートする方法を示します。

ユーザー定義トレリス構造体の作成、検証、およびテスト

MATLAB を使用してユーザー定義トレリス構造体を作成および検証してから、Simulink に組み込まれているユニット テスト ベンチを使用して実装をテストします。

AWGN におけるターボ符号の BER 性能の推定

16-QAM を使用するエンド ツー エンド通信リンクを、AWGN チャネルのターボ符号を使用してシミュレートします。

注目の例