このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

コード生成

シミュレーション速度の向上とコード生成

MATLAB® および Communications Toolbox™ を使用してシミュレーションを開発すると、MATLAB コードから C ソース コードまたはスタンドアロンの実行可能ファイルを生成して、次を実行できます。

  • MATLAB 環境で作業を続けながら処理を高速化する

  • MATLAB がインストールされていないマシンでシミュレーションを実行する

  • ハードウェアにアルゴリズムを組み込む

  • アルゴリズムをレガシ コードに組み込む

次の表は、シミュレーションの後処理の方法の決定に役立ちます。

配布の特性MATLAB Compiler™MATLAB Coder™
Output読み取り可能ではない共有ライブラリ移植可能で読み取り可能な C ソース コード
ライブラリの依存関係MATLAB ランタイム設計で使用されている関数、オブジェクト、ブロックに依存
配布用にサポートされているプラットフォームWindows、Mac、LinuxANSI/ISO C/C++ コードをサポートする任意のプラットフォーム
知的所有権保護パッケージ化したコードは暗号化されますコードは暗号化されません。読み取り可能なコードの代わりに共有ライブラリを生成することで、IP を保護できます
アルゴリズムの高速化MATLAB と同じ速度高速化する可能性 (アルゴリズムに依存)
MATLAB グラフィックスサポートありサポートなし

拡張テーブルについては、Should I use MATLAB Compiler SDK, or MATLAB Coder to integrate my MATLAB application with C/C++? を参照してください。

  • C コード生成
    MATLAB コードおよび Simulink® モデルからの C コード作成
  • HDL コード生成
    MATLAB コードおよび Simulink モデルからの HDL コード生成