最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

チャネル モデル

AWGN、SISO および MIMO フェージング チャネル、WINNER II、およびパス損失モデル

Communications Toolbox™ では、レイリー、ライス、または WINNER II フェージング プロファイルを持ち、ノイズを含んだ SISO および MIMO チャネルをモデル化して可視化できます。大気による損失と複数のドップラー スペクトル形状が使用可能です。

関数

すべて展開する

awgnホワイト ガウス ノイズを信号に付加
bscバイナリ対称チャネル
stdchan標準化チャネル モデル セットからのチャネル System object の構築
cranerainplCrane モデルを使用した降雨による RF 信号の減衰
fogpl霧および雲による RF 信号の減衰
fspl自由空間パス損失
gaspl大気ガスによる RF 信号の減衰
rainpl降雨による RF 信号の減衰
winner2.AntennaArrayアンテナ アレイの作成
winner2.dipole半波長双極子のフィールド パターンの計算
winner2.layoutparsetWINNER II レイアウト パラメーターの構成
winner2.wimWINNER II チャネル モデルを使用したチャネル係数の生成
winner2.wimparsetWINNER II モデル パラメーターの構成
dopplerドップラー スペクトル構造体の構築
rangeangle範囲と角度の計算
global2localcoordグローバル座標からローカル座標への変換
local2globalcoordローカル座標からグローバル座標への変換
cart2sphvec直交成分から球面表現へのベクトルの変換
sph2cartvec球面基底成分から直交成分へのベクトルの変換

オブジェクト

すべて展開する

comm.AWGNChannelホワイト ガウス ノイズの入力信号への付加
comm.RayleighChannel マルチパス レイリー フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.RicianChannel マルチパス ライス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.MIMOChannelMIMO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.WINNER2ChannelWINNER II フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.gpu.AWGNChannelGPU を使用した入力信号へのホワイト ガウス ノイズの付加
comm.ThermalNoise信号への熱ノイズの付加

ブロック

すべて展開する

AWGN Channelホワイト ガウス ノイズの入力信号への付加
SISO Fading ChannelSISO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
MIMO Fading ChannelMIMO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
Binary Symmetric Channelバイナリ誤差の発生
Free Space Path Loss指定した量で入力信号の振幅を低減する

トピック

チャネルのモデル化

AWGN チャネル

チャネルと RF 損失の特性のモデル作成。

符号化を使用する AWGN チャネルの Eb/No の構成

この例では、チャネル符号化を採用している通信リンクについてノイズ密度に対するビット エネルギーの比 (Eb/No) を設定する方法を説明します。

符号化された信号の AWGN チャネル ブロックの使用

2 つのリンクが損失チャネルを介して渡された信号に誤差制御の符号化を実行します。

フェージング チャネル

フェージング チャネル オブジェクトの定義と信号への適用。

周波数選択性フェージングの影響の可視化

FSK および QPSK 信号をレイリー マルチパス フェージング チャネル経由で渡します。信号帯域幅を変更して、フェージング チャネルの影響を FSK スペクトルおよび QPSK コンスタレーションで観察します。

多入力多出力 (MIMO)

Communications Toolbox ソフトウェアの多入力多出力機能について。

WINNER II チャネル

WINNER II Channel Model for Communications Toolbox アドオンを使用した WINNER II チャネルのモデリング。

Simulink のモデル ガウス フィルター

Discrete FIR Filter (Simulink)ブロックを使用するgaussdesign関数を使用して、Simulink® のガウス フィルター処理をモデル化します。

注目の例