Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Bluetooth

Bluetooth® PHY、プロトコル、およびシステムレベルのモデル化

Communications Toolbox™ Library for the Bluetooth Protocol には、Bluetooth 通信システムの無線周波数物理層 (RF-PHY) の設計、モデル化、シミュレーション、およびテストに関する規格準拠の関数と参考例が用意されています。このライブラリは、Bluetooth Low Energy (BLE) および Bluetooth 基本レート/拡張データ レート (BR/EDR) 波形のプロトコル層のモデル化、ネットワークのモデル化、リンクレベルのシミュレーション、ゴールデン リファレンスの検証、およびテスト波形生成をサポートします。

ライブラリを使用して、エンドツーエンド通信リンクを構成、シミュレート、測定、および解析できます。ライブラリ関数を変更またはカスタマイズし、Bluetooth システムとデバイスを実装するための参照モデルとして使用することができます。BLE の関数と構成オブジェクトは、PHY およびプロトコル層の処理をサポートし、デバイスの役割とモードを割り当て、接続管理サービスを提供します。ライブラリの機能と例を使用して、Bluetooth BR/EDR 波形を生成および復号化します。BLE 方向探知の関数とオブジェクトを使用して、到来角 (AoA) および発射角 (AoD) を推定します。ライブラリには、生成および復元された BLE リンク層パケットをパケット キャプチャ (PCAP) ファイルおよびパケット キャプチャの次世代 (PCAPNG) ファイルに書き込む関数があります。

ライブラリには、Bluetooth デバイスの動作や Bluetooth デバイスのネットワークをモデル化する際に役立つ参考例が用意されています。用意されているリファレンス設計を適応させて、マルチノードのネットワークの通信を調査したり、設計のシステム パフォーマンスを調査したりします。ライブラリには、ネットワーク層のフラッディングとエネルギー プロファイリングについて学習するための BLE メッシュ ネットワークの参考例が含まれています。ライブラリの機能と例を使用して、他のネットワークからの干渉や他のネットワークとの共存をモデル化したり解析したりできます。

主な機能

  • Bluetooth 5.0 および 5.1 用の規格準拠モデル

  • 波形生成および復号化

  • チャネルの符号化、同期、チャネル推定、およびイコライズを含む、信号処理関数

  • 参考例を使用したリンクレベルのシミュレーション

  • リンク層、L2CAP、ATT、および GAP を含むプロトコル メッセージの生成と復号化

  • チャネルの選択と周波数ホッピング アルゴリズム

  • BLE 方向探知機能

  • BLE リンク層パケットをエクスポートする PCAP および PCAPNG ファイル ライター オブジェクト

  • BLE メッシュ、干渉、および共存のモデル化を含む、ネットワークのモデル化の例

  • C および C++ コード生成のサポート

アドオン エクスプローラーから Communications Toolbox Library for the Bluetooth Protocol サポート パッケージをダウンロードできます。詳細は、アドオンの取得と管理 を参照してください。