Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

PHY コンポーネント

物理層のオプション、パラメーター化、および波形生成と解析

Communications Toolbox™ Library for the Bluetooth® Protocol の関数と構成オブジェクトは、Bluetooth 物理層 (PHY) の処理をモデル化します。それらの関数を使用して、Bluetooth コア仕様に準拠した Bluetooth Low Energy (BLE) および Bluetooth 基本レート/拡張データ レート (BR/EDR) 波形を生成、解析および復号化します。これらの機能を使用すると、Bluetooth 通信リンクの PHY 処理ブロックを設計および特徴付けることができます。この機能を検証、性能解析、適合性テスト、および無線周波数 (RF)-PHY テストの基準として使用できます。また、ライブラリには、到来角 (AoA) および発射角 (AoD) を推定する BLE 方向探知機能も含まれています。

関数

bleWaveformGeneratorBLE PHY の波形発生器
bleIdealReceiverBLE PHY 波形の理想的な受信機
bluetoothWaveformGeneratorBluetooth BR/EDR PHY の波形発生器
bluetoothIdealReceiverBluetooth BR/EDR PHY 波形の理想的な受信機
bleAngleEstimateBLE 信号の AoA または AoD の推定

オブジェクト

bluetoothWaveformConfigBluetooth BR/EDR 波形発生器の構成オブジェクト
bluetoothPhyConfigBluetooth BR/EDR PHY の構成オブジェクト
bleAngleEstimateConfigBLE 角度推定の構成オブジェクト

トピック

Bluetooth プロトコル スタック

Bluetooth BR/EDR と BLE プロトコル スタックを調べます。

Bluetooth での位置と方向の探知

Communications Toolbox Library for the Bluetooth Protocol に追加された Bluetooth 方向探知機能について説明する。

Configure Bluetooth BR/EDR Channel with WLAN Interference and Pass the Waveform

Model Bluetooth BR/EDR channel with WLAN interference and pass the waveform using Communications Toolbox Library for the Bluetooth Protocol.

Generate BLE Waveform and Add RF Impairments

Generate BLE waveform and add radio frequency (RF) impairments using Communications Toolbox Library for the Bluetooth Protocol.

注目の例