Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データ定義の基礎

コード生成のためのデータ、変数、関数の定義

MATLAB® の変数のプロパティは実行時に変更できます。同じ変数を使って任意のクラス、サイズ、実数/複素数の値を格納できます。C/C++ などの静的に型指定される言語では、コンパイル時に変数の型を決定する必要があります。コード ジェネレーターでコードを生成する際に変数の型を決定できるように、記載されているガイドラインに従ってください。コード生成では、さまざまなクラス、サイズ、プロパティの値に変数を再代入できます。コード生成では、複素数データ、半精度浮動小数点型、スパース行列など、MATLAB の特殊なデータ型がサポートされます。

関数

half半精度数値オブジェクトの作成

トピック

定義の基礎

変数プロパティ

特殊なデータ型のデータの定義