Hardware Support

Simulink での Raspberry Pi のサポート

Raspberry Pi 上でモデルを実行


機能と特徴:

Raspberry Pi™ 用の Simulink® サポート パッケージを使うと、Raspberry Pi でスタンドアロン実行できるアルゴリズムを開発できます。サポート パッケージは Simulink をブロックで拡張して Raspberry Pi のデジタル入出力およびデータの読み書きを行います。Simulink モデルの作成後、これをシミュレーションし、完成したアルゴリズムをダウンロードしてデバイス上でスタンドアロン実行します。Simulink の特に便利でユニークな機能の 1 つに、ハードウェアでアルゴリズムを実行しながら Simulink モデルのパラメーターをチューニングできる機能があります。

サポート パッケージには以下が含まれています。

  • オーディオ入出力、ビデオ入力およびディスプレイ、UDP 送受信、GPIO の読み書き、および ThingSpeak の書き込みなど Raspberry Pi 入出力に接続する Simulink ブロックのライブラリ
  • Hardware setup screens to configure Raspberry Pi hardware and Wi-Fi network interface
  • Customization of existing Raspbian OS images to make it compatible with the Simulink Support Package
  • Data logging from sensors and signals into MAT files saved on the Raspberry Pi
  • UDP and TCP/IP blocks to let your Raspberry Pi communicate with Arduino®, LEGO MINDSTORMS® EV3, and mobile devices (Android™ and iOS)
  • Read and write blocks to communicate with peripherals over serial and the SPI and I2C protocols (Raspberry Pi board as the Master)
  • Blocks to read input from the Raspberry Pi Sense HAT used in Astro Pi, such as humidity, pressure, and acceleration, user input from the joystick, and a block to write to the RGB LED Matrix display
  • Audio file read block to read audio files as PCM data
  • Raspberry Pi 上で実行するアプリケーションの対話型のチューニングおよび信号モニタリング
  • Audio System Toolbox™ および Computer Vision System Toolbox™ などのアドオン製品を通してオーディオおよびビデオ アルゴリズムにアクセス
  • スタンドアロン オペレーションのためのモデル実装
  • ハードウェア ボードの特定の機能にアクセスするデバイス ドライバー ブロックを作成する方法が記載されたドキュメンテーション

MATLAB および Simulink での Raspberry Pi プログラミングの詳細をご覧ください。

注: Raspberry Pi 3 には 2016a 以降のリリースが必要です。

Raspberry Pi について

Raspberry Pi は一般向けで安価なクレジットカード サイズのシングルボード コンピューターで、Raspbian などの 組み込み Linux オペレーティング システムをサポートしています。Raspberry Pi は ARM® Cortex® A プロセッサーを搭載し、ステレオ オーディオ、デジタル ビデオ (1080p)、USB、および Ethernet への接続が提供されており、オプションでカメラ ボードおよびセンサー ボード アドオンの設置が可能です。

サポートされるプラットフォーム

現在および以前のバージョン、リリース、およびプラットフォームが利用可能かどうかは、ハードウェア サポート パッケージ システム要件表をご覧ください。

機能拡張およびバグ フィックスについては、リリース ノートをご覧ください


関連するハードウェアサポート: Simulink, Alsa, コンシューマー エレクトロニクス, 制御システム, C ∕ C++ Code Generation, デジタル信号処理, 組込みシステム, Ethernet, 画像処理とコンピューター ビジョン, モノのインターネット, MathWorks Supported, Project-Based Learning, Raspberry Pi, Run on Target Hardware, Serial, Simulink Product Family, Support Package Installer Enabled, USB, Webcam (USB Video)

インストールしてみませんか?

Before installing the support package, confirm you have the correct setup. View system requirements and installation options.

サポートパッケージを入手する

ソフトウェア

必須

注: Raspberry Pi 3 には 2016a 以降のリリースが必要です。

推奨

サポートパッケージ

必須

サポートパッケージ インストーラーにより、このサポート パッケージおよびすべての必須サードパーティ ソフトウェアがインストールされます。インストーラーを起動するには、MATLAB ツールストリップで \[アドオン] > \[ハードウェア サポート パッケージの取得] をクリックします。詳細については、ドキュメンテーションをご覧ください

サポートパッケージを入手する

Hardware

必須

  • Raspberry Pi 1 Model B または B+、Raspberry Pi 2 Model B、Raspberry Pi 3 Model B (Premier Farnell/Element 14 および RS Components)
  • 4 GB SD カード (Raspberry Pi 1 Model B) または 4 GB microSD カード (Raspberry Pi 1 Model B+、 Raspberry Pi 2 Model B、Raspberry Pi 3 Model B)
  • 5 V 電源、700 mA 以上
  • ホスト コンピューターから Raspberry Pi までの Ethernet ケーブル
  • SD カード リーダー (Raspberry Pi 1 Model B) または microSD カード リーダー (Raspberry Pi 1 Model B+、 Raspberry Pi 2 Model B、Raspberry Pi 3 Model B)

注: Raspberry Pi 1 Model A および Raspberry Pi 1 Model A+ は現在サポートされていません。

推奨

  • USB Web カメラ
    (サポート パッケージは Logitech Webcam Pro 9000 でテスト済み)
  • オーディオ パッチ ケーブル
  • 外部電源付き USB ハブ

ソフトウェア

必須

すべての必要なサードパーティ ソフトウェアは、サポート パッケージ インストーラーによりインストールされます。

Don't see the hardware you're looking for?